「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは

雨などで身体が濡れますと、体温が奪われて風邪などひきやすくなりますので冷やさないようにお気をつけ下さいね

先日、プロボーラーの方が手の小指を怪我されて当院に来られました。

ボーリング中に落ちそうになった玉を支える際に強くぶつけてしまったようです。指先の第一関節の部分が腫れて、少し曲がったままになっておりました。

この場合は、指を伸ばす腱が伸びてしまった状態かもしくは関節の中で骨が折れてしまっている可能性があります。

整骨院でレントゲンを撮ることは出来ませんので、近くの整形外科さんの受診をおすすめしました。

骨折や脱臼もお医者さんの同意があれば整骨院では施術が可能です。

しかし、相手はプロアスリートですのでしっかりとした検査を行って適切な処置を受けなければ今後の競技生活に支障が出る可能性があります。

しかし、紹介した整形外科さんでは3時間待ちだと言われた為、とりあえず今日投げれるように指をしっかり固定をして欲しいというご要望を頂きました。

私達は、普段急性の怪我に対してギプスや包帯、テーピングなどを使って患部を固定する事があります。

ですので、今回はテーピングを使って指の関節をしっかり固定させてもらいました。

テーピングというのは非常に便利で

1.関節の強固な固定

2.筋肉のサポート

3.筋肉の働きを抑える

というような効果があります。

怪我をした患部に対しての負担を減らすことが出来、そうする事で怪我の回復も早くなります。

小指のテーピングを行い確かめて頂いたら、これなら大丈夫そうだと喜んでおられました(^-^)しかし、今回はあくまで応急処置です。

あのプロボーラーの方が無事に競技を終えて病院に行けていれば良いなと思っております。

私達の職業は昔「ほねつぎ」と言われ、あまり医療が発達していない時代には多くの骨折や脱臼といった怪我を専門的にみてきました。

その為、そういった怪我に対する処置などは専門的に勉強しております。

業界全体としては、災害時に応急処置班として緊急性の低い怪我のされた方の処置をしてお医者さんのサポートなどをすることもあります。

ですので、皆さんが日常生活の中で怪我をされた際には病院だけではなく近くの整骨院を頼ってみても大丈夫ですよ

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP