「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。最近では日中も過ごしやすくなってきてすっかり秋ですね。秋といえば…。食欲の秋です。色々と美味しいものが食べられる季節がやって参ります。

先日ある利用者さんがあごの不調を訴えて来院されました。

・食事をする際に口を開けずらい

・右の顎関節からガコガコ音が鳴る

それらの症状が3~4年前からあり、だんだんと症状が悪化し最近では、口を開けずらいので食事を摂ることがとても不便だと仰られてました。

歯医者さんなどで見てもらったところ、右の歯で噛みグセがあるとの事でなるべく偏らないように気をつけてと言われただけだったみたいです。

詳しく身体の状態を確認させてもらったところ、おそらく普段されている姿勢の癖や昔から染み付いた身体の歪みが原因で、特に右側の首や肩の筋肉の緊張がかなり強く出ておられました。あごを動かす筋肉は頬の周りの筋肉だけではなく、首の筋肉もあごの動きと関係してますので、そういった身体のバランスの歪みからあごの動きが悪くなっていったんだと思われます。

そこで、当院のトリガーポイント療法とB&M背骨歪み整体を行った所、口を開ける動作がスムーズになったと仰られてました。

あごの不調が出る原因はいくつかあり、

『ストレス』『噛みグセ』『歯ぎしり・くいしばり』『生活習慣』などか上げられます。

顎関節のつけ根には関節円盤といって軟骨のクッションがあります。上に書いたような癖がありクッションに過度な負担がかかると、雑音や開口障害や痛みといった不具合が出てきて悪化すると、口が開けられなくなったり、顎関節周囲の痛みに加え耳の痛みや耳鳴りなどの不調も訴えられたりします。

そうなる前に、今あごの不調などが気になる方は早めのケアをオススメします。

食欲の秋を楽しみましょうね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP