「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

人間は身体の傾きなどからどの筋肉を動かせばいいかなどを細かく感じ取るセンサーが付いています。それが多く付いているのが足の裏になります。人間の足の裏には「足底メカノレセプター」と言われる感覚を受け取るセンサーが付いています。人間は二足歩行で立つ事や歩くことなどの活動が出来ますが、この体制が維持できるのもこの足底メカノレセプターが活動してくれるのと目や耳からの情報も合わせて使うことで身体のバランスを取るとができています。

スポーツの現場でも競技によって親指の付け根の所に力を入れるようにして瞬時に動き出せるようにしたり、安定したバランスを取るためにまっすぐジャンプをして足の指の部分踵と上手く全体に重心が乗るようになどの工夫をする方もおられます。しかしスポーツを特にしていない人であってもこの足底メカノレセプターは高齢であっても若くても重要になります。

たとえば「転びやすくなった」や「なんだか安定感がない」という人は足の裏を上手く使えていないのかもしれません。皆さん立っている時や歩いている時に足の指を使う事や「あー今足の裏のここに体重が乗っているなー」などと考えないですよね。これは仕方ないことではありますが、この足底メカノレセプターはすぐに反応が弱くなるものでもあります。

例えば足を捻ってしまったり、骨を折ってしまいギプスをすることになり足をしばらくつかなかった→ギプスを外してすぐはどう足をついて歩いていたか不安で少しフラフラする。これは足の裏のメカノレセプターの働きが弱くなってしまい、バランスが取れにくくなっている為です。リハビリとしてバランスディスクを用いたり足の指を動かす事なども多く取り入れたりします。

特に怪我をしていない方でも足の指などを積極的に使うことで安定感が変化しやすくなります。先ほど書いたように最近安定感がないと思われる方は足の指を使うためにタオルをたぐり寄せるような運動をしたり、裸足で足の裏に積極的に情報を受けれるようにお家ではスリッパを履かずにいるなどの事をしてみて下さい。
もちろん普段履いている靴底がすり減っていたりしたら、常に傾いた状態でいる事により身体がずっとバランスを取れないでいるので偏った筋肉の使い方になってしまい、身体の他の部分の痛みへと繋がったりもしますので足元のチェックはこまめにしてくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP