「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

膝には「軟骨」があり、歩いたりや走っ足りする際、何かの動作をする際に、足の骨と骨の衝撃の吸収を抑えるためのクッションの役割を果たしています。しかし、この軟骨自体も消耗していくもので、年齢を重ねれば重ねるほど激しい運動をやればやるほど機能的には低下してきます。そのため、この軟骨がすり減り、弾力性が低下してしまうことで「骨と骨の衝撃」が起きてしまうのです。
また、よく「O脚やX脚」といった言葉を聞きますが、軟骨のすり減り具合により膝周辺の筋肉と骨のバランスが崩れてこのような形状を生み出す場合もあります。また、膝に問題が生じると、膝を庇う様な歩き方になってしまい、最終的には足首や腰、肩など全身のバランス歪が崩れ、背骨に歪みが生じ、悪循環となることもあるため、可能な限り、悪化する前に対処したいものです。
この「軟骨のすり減り」をいきなり止めることは非常に難しく、そのため、この軟骨の代わりに骨同士の衝撃を抑える「クッションの役割」を果たしてくれるのが「膝周辺の筋肉」です。膝周辺の筋肉といっても、その種類は非常に多く存在します。その中でも、太ももから膝のお皿についている「大腿四頭筋」という筋肉に注目します。

膝が痛くなるとこの「大腿四頭筋」が弱っていることが多く、ここを再度鍛えることで、膝への負担を軽減させられます。ただし、鍛えるといっても、ジムなどに行って、機械を使ってのトレーニングなど本格的なものではなく、自宅でもできるものがおすすめです。

「大腿四頭筋」を鍛えるエクササイズは、まず膝の下にタオルや枕を置いて、膝が少し曲がるような姿勢をとります。その姿勢から膝を伸ばす様に、数秒間ほど、膝の周りに力を入れます。そうすると、太ももや膝の前側が固くなっていることが分かると思います。この様に、簡単なエクササイズでも「大腿四頭筋」を鍛えることができるので、テレビを見ながら、横になりながらでも痛みの出ない範囲で毎日続けることが大切です。
動くときに膝が痛むことで、「動くことそのもの」が億劫になってしまいます。どんどん体を動かさなくなり、それがに悪循環を生み出す原因となります。膝の痛みを感じたら、放っておかずにすぐに対処することが肝心です。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP