「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、七月に入りいよいよ夏が始まる季節となりましたね。6月から7月の頭にかけては、まだ梅雨前線の影響もあり、蒸し暑い時期でもあります。

この時期、注意したいのがお身体の「熱中」です。何かに熱中するのは良い事ですが、お身体の熱中は非常に危険な場合もあります。今回はお身体の熱中についてお話させていただきます。

湿度の高いこの時期は、人間の身体の表面は湿っていて乾燥しにくいです。

人間は身体から熱を逃がすとき汗をかいてその汗が蒸発して乾燥して皮膚の表面の温度を下げることで体温を下げる調節をしています。

ですから皮膚の表面が湿っていると上手くお身体の中の熱を体外に逃がす事が出来なくなり、熱が身体にこもってしまうのです。

この状態が続くと、だるくなったり、吐き気、めまいが起こったり、場合によっては死に至る非常に危険な状態になります。

またこのように身体に熱が籠るようになるとお身体の中に流れる血液の中の水分量も減ってしまいます。

血液中の水分量が減少すると血液はどろどろなり、細い血管などには通りにくくなり、血流が悪くなります。筋肉の中にも血管が沢山通っており、筋肉の中の血流も悪くなってしまいます。筋肉の中の血流が悪くなると、血流が滞り、痛みが出やすくなります。

つまりこの時期は体調を崩しやすいだけでなく、お身体の痛みも出やすいのです。

ですから、この時期は十分な水分補給や体温が上がり過ぎないようにする工夫などの他に筋肉のメンテナンスも必要になってきます。

吉祥寺サンロード整骨院では、深部の筋肉の緊張を取り除く施術を行っております。

また、暑いこの時期の過ごし方など様々なアドバイスもさせて頂いております。お身体に痛みが出やすいこの時期、お悩みの方は是非一度当院までお越しくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP