「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。
季節の変わり目で気温差が大分激しくなってきましたね。風邪を引きやすい時期でもありますが、それとともに身体に負担を掛けてしまう時期でもありますので気を付けてくださいね。
皆さんは朝方にふくらはぎがつってしまうことがありませんか?
ふくらはぎはとても大事な筋肉でつってしまうということは、ふくらはぎが疲れてしまっているサインになります。例えばつってしまう時というのは前日に長い間立っていた、だとか運動したときだと思います。
 では、なぜふくらはぎの筋肉がなぜ大事かというと、人というのは全員心臓から血液を送り出し、その血液が足の先まで流れていきます。血液というのは身体全身に酸素や栄養を送っているのはもちろんのこと、体温維持もしてくれています。血液のおかげで、流れているところの体温は正常値になります。ただ、その足の先まで流れた血液はしっかり心臓まで返してあげなくてはいけません。心臓から足の先まで血液を流すのは重力のままに流せるので良いのですが、足の先から心臓に返すには重力に逆らって返さなくてはいけません。そのために働いてくれるのがふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎの筋肉に柔らかさがないと、それは機能しません。なので、それだけふくらはぎの筋肉は必要なのです。
 女性の方によく足先の冷えでお困りの方がいると思いますが、足先の冷えもそこに血液があまり流れないことにより起きてしまいます。血液を流すには、お風呂などに使って身体を温めてあげることも重要ですが、負担を掛けてしまっているふくらはぎの筋肉を軽くでもいいので優しく揉んであげたりして柔らかさを戻してあげることも重要で、朝方につってしまうといったことや冷えも大分良くなりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP