「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

職場や学校、家でも姿勢が悪いと指摘を受けたことはありませんか?姿勢に関してどうしても後回しにしてしまい、気付いたらかなり状態が悪くなる人は沢山います。姿勢が悪いことが腰の痛みや首の痛みに繋がることを皆さんご存知ですか?何となく筋肉に負担がかかるからとわかってはいても朝起きた時に首が回らない。という事態になったり、くしゃみで腰が抜けたような痛みで動くのも辛い。ということに繋がる可能性があります。

当院の利用者の方できっかけは会社の方に「姿勢が悪すぎる」「首が前に出ている」と指摘を受け、来られました。本人は小学生の頃から猫背で注意されていたけれどもそのまま社会人になり、自分の姿勢がそこまで人に言われてしまうくらいだったのかとショックを受けたそうです。

そこで普段の仕事中の姿勢を取ってもらい、その後まずは腰の部分だけ正しい姿勢を手伝いながら伝えると「この状態だとお腹の所や背中の所が変に苦しい感じがする」とおっしゃっていました。本人は背中や首はダメなのはわかっていたけれど腰も悪い姿勢だったとは思っていなかったようです。しかし人間の背骨はレントゲンなどで正面から見ると四角いブロックのような骨が首から骨盤の上まで積み重なっているものです。その一部が不良姿勢でズレたり歪んだりという事はそうそうありません。その正しくない部分を補うようにその上下の背骨の位置バランスも崩れてしまいやすいです。

その背骨を支えている筋肉も徐々に引っ張られてしまうと痛みが出やすくなります。その方自体は日常生活での痛みはまだ出ていませんでした。ですが筋肉のバランスを整えるためにも施術をしていくと少しの刺激だけでも筋肉が痛く感じ、自分の身体はこれだけ無理な姿勢をとり続けて悪くなっていたんだと納得されていました。筋肉のバランスを整えて背骨の歪みをした後は正しい姿勢を自分で作ることができて驚かれていました。

最初にも書きましたが、姿勢の悪さを放っておいてしまうと全体の筋肉のバランスが取れなくなってしまい血液の流れが悪くなり、その血液の流れの悪さも筋肉の柔軟性を低下させてしまいます。そうすると筋肉を痛める要因にもなって来るという関係です。

姿勢の悪さや仕事中、勉強中の身体の使い方を早めに良くしていく事でこれからの身体をより強くしていくことにも繋がります。さらに血液の流れが良くなる事で免疫力は上がりますし、身体の回復力も上がりやすいです。日常的に怠さを感じている方は背骨や筋肉のメンテナンスをこまめに行うことで快適に生活できるようになりますよ。

2019年はまだ始まったばかりなので今年は昔から気になっている姿勢を整えて強い身体に変えていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP