「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

急性な腰の痛みなどで動けなくなった時にみなさん思い浮かべるのがコルセットですよね。痛みが強すぎて動くにも不安定な感じがして、固定をする為に巻くコルセット。コルセットは病院などでも売っていますが、最近は薬局やスポーツ用品点などでも売っていてかなり身近に手を出しやすいものです。しかし手に入りやすい分正しい知識がなく、ただ巻いている方が多くいるんですよ。この吉祥寺サンロード整骨院でも腰が痛くてこられる利用者様で巻き方を間違えていたり、質問に来られたりなど沢山あります。

まずコルセットとは何か

急性な腰の痛みなどを予防したり、動きを安定させる為にあるベルト・骨盤ベルトです。基本的には腰まわりの骨はお腹の圧力(腹圧)や背筋・臀筋などにより安定されています。しかし何らかの原因で周りの筋肉を痛めてしまい、動けなくなるほどの急激な痛みを出す事があります。そこでベルトを巻くことにより、腹圧をあげて周囲の筋肉のサポート、関節を固定することにより痛みが出にくくなるという物です。そしてそのコルセットで多い質問ですが、どの位置に巻くとしっかりと固定が出来るのか。

多くの方は病院などで出されたり、薬局でコルセットを手に入れても巻き方がよく分からないままつけていることが多いです。当院に来られる方でもくびれの所に巻いていたりと少し効果が低いつけ方をされています。基本的に脊骨は骨盤が基礎となります。少し骨盤にかかる位置に巻くことが重要です。そして痛みが特に強くて安定感がより欲しい場合は巻いて止めるときに大きく息を吸い込みます。そしてその後深く息を吐ききって、息を止めてその間にキツく止めます。するとより固定力は上がります。

なぜかと言うと、人は呼吸をする時に胸郭と言われる肋骨などで構成されている肺や心臓などの重要な臓器を守る胸回りとお腹の筋肉が動きます。深く吐き切る事でその胸郭の動きが一番ない時に止めることで緩むことを防いでくれます。これは肋骨が折れてしまった時のバストバンドでも使う方法です。

そして次に多い質問が寝ている時も巻いていた方がいいのか。

これは必要ありません。腰にかかる圧力などによって出る痛みを軽減するためにあるコルセットは、寝ている時はその圧力が体全体に分散するのであまり意味がなくなります。そして人間は寝ている時が1番腰の血流が悪くなります。なので圧迫した状態で寝ると更に悪くなりますので、寝ている時は外して大丈夫です。ある程度痛みが取れてきたらコルセットは外していた方が脊骨を支える腹圧が低下しません。色々なコルセットがありますので、勿論痛みなどに関係なく巻いていた方がいい骨盤ベルトやコルセットはありますので、上記に関係なく付けるものもあります。

コルセットや骨盤ベルトで分からないことがある方はいつでもご相談くださいね。

 

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP