「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

スポーツ中の痛みでお困りの方も大勢お越しになります。

野球やサッカー、ダンスやゴルフ。競技も症状も様々ですが、その中でも最近特に多いランニング中の身体の痛み。

先日お越しになった利用者様からのご相談は『ランニング中、太ももの裏が痛くなって走れなくなってしまう』というものです。

太ももの裏側の筋肉は総称してハムストリングスと呼ばれますが、特に筋肉の痛みなどの怪我を起こしやすい筋肉です。

ランニングの際、スピードを出そうとして必要以上に前方に着地してしまうと、ハムストリングスに負担がかかり、怪我へと繋がります。

足を前に出して進むのではなく、体の真下に着地して、臀部の筋肉を使って地面を後ろに押し出すように走ると、怪我をしにくい上に、効率よく省エネで走れるようになりますよ。

とは言え、どんなに理想的な走り方をしていても、使いっぱなしで全くケアをしなければ、少しずつ筋肉に負担がかかり、怪我をしやすくなってきます。

吉祥寺サンロード整骨院では、筋肉のケアだけでなく、背骨の歪みをとるB&М背骨歪み整体も行っています。背骨の歪みが取れてくると、上半身の回転もよくなるため、スムーズに走れるようになって来ますよ。

しっかりとお身体のケアをして、楽しいランニングライフを送りましょう。

ぜひお身体でお困りの方は吉祥寺サンロード整骨院までご連絡下さい。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP