「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

人間は動物の中で二足歩行で生活をしている生き物で、二足歩行だからこそ様々なことができるように進化してきました。ですがその二足歩行だからこそ身体の歪みが起こりやすいのを皆さんご存知ですか?
臓器がお腹に集中しているのに、身体を支えている支柱となる背骨は後ろにありますよね?その背骨が支えられていないとどんどん身体は前のめりになりやすくなります。だからこそ体の軸にある筋肉や軸自体である背骨は正しく使わないといけません。今回はその筋肉のお話です。
その支柱のそばにある後ろ側にある筋肉は、抗重力筋(重力に耐えるための筋肉と考えてもらえればいいですね)は姿勢筋とも呼ばれてとても重要な役割を担っています。
例えばでいうと背骨の横にある筋肉は脊柱起立筋と呼ばれる筋肉で重なり合っている筋肉を繋げて支えてくれている筋肉です。その筋肉が上手く使えていないと反り腰と呼ばれるような腰が強く反ってしまい、お腹が出ているような姿勢で腰も痛くなりやすくなります。
そして脚でいうと太腿の後ろ側にある筋肉は骨盤から膝の関節の所まで繋がり、正常な柔軟性などが保たれていないと膝の関節がきちんと曲げ伸ばし出来にくくなったり、腰の痛みも出やすくなります。ふくらはぎの筋肉であっても足首を動かしてくれる筋肉なので歩いている時以外でも立った状態できちんと地面を踏みしめるためには重要な筋肉です。
これらの筋肉が普段の生活の中で緊張が強くなった状態で放っておいてしまうと背骨に余計な力がかかってしまい背骨が歪み始めてしまいます。重力の中で支えが歪み始めるとどんどん周囲の筋肉に負担をかけ始めて全身に違和感や痛みが出始めてくる事もあります。
まずは自分の身体が正しく使えているのか気になる方や、最近腰や脚に違和感を感じ始めている方などは一度吉祥寺サンロード整骨院までお話に来てみてくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP