「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

こんにちは。
5月に入りましたね。今年は季節を感じる機会がなかなか減ってしまい少し寂しさもありますが、家の空気の入れ替えや、カーテンを開けるだけでも少し気分転換になったり、季節を感じやすくなりますよ。また、空気の入れ替えは室内の衛生的にもとても良いことですので積極的に行っていきましょう。

今年は例年と比べてお仕事をされるために外に出たり、お休みの日に外出をしたり、学校でお友達と勉強したり部活に励んだりすることが、とても難しい時期になっています。そんな中で、今までとは違う生活で歩く距離が減ったり、運動量が減ることで多くの方が運動不足になってしまっています。筋肉は、動かすことで代謝を上げたり柔軟性を保つため動かす機会が減ったことでそれらが落ち込み今まで以上に身体の重怠さを感じやすくなっているかと思います。

外に出てウォーキング、ランニングしようと思っても、できない方もいらっしゃるでしょうし、そこまでの支度をしている時間がないということもあるかと思います。
では、その中でどうしたら筋肉を落とし過ぎずにキープしていくのか。

筋肉は表面の筋肉と、深い部分の筋肉があります。
この2つのうち、身体を支えたり筋肉の代謝を大きく左右来るのが深い部分の筋肉になります。よく体幹が大事と言われますがこの体幹の筋肉こそが深い部分の筋肉なのです。背骨に直接ついてくる筋肉なのでこの筋肉がバランスを崩してしまったり、左右対称になっていないと身体を支えることが難しくなってしまい、痛みの原因にもなります。表面の筋肉は割とすぐつきやすく一見筋肉の量が増えたと思いがちですが、表面なので落ちてしまうのも早いです。それに対して深い部分の筋肉はつけることが表面に筋肉よりも少し時間もかかりますが、一度しっかり鍛えてあげると落ちにくく体を支えるだけではなく、筋肉が増えることによって代謝が上がる為、血行も良くなり怠さを感じるような姿勢になりにくい為身体にとってはプラスの事が多く起きます。

体幹の筋肉はジムみたいに大きな機械がなくても自分の身体さえあればトレーニング出来ますので是非皆さんご自宅で深い部分の筋肉をつける体幹トレーニングこの時期にやってみてください。即効性というよりも継続して行うことで効果を感じやすくなりますので、変化が中々少ないこのような時期に一つ先の目標を立ててこなしていけると、毎日が少し楽しくなるかもしれないですよ。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP