「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。12月に入り、朝晩の冷え込みもいよいよ本格的になって来ましたね。体調管理には十分お気をつけ下さいね。寒さが厳しくなって来るこの季節、手や足が冷える末端冷え性の方にはお辛い時期だと思います。暖かい室内にいても驚くくらい手や足が冷たい方もおられます。
朝起きた時に、腋の下に手を入れてみて次にお腹の上に手を置いてみて下さい。下さい。腋の下よりお腹のほうが冷たいようであれば、あなたも冷え性かも知れません。
実はこの「冷え」は色々な病気に繋がる恐れがあります。
今回は「冷えは万病のもと」についてお話ししていこうと思います。
そもそも冷えとは血流が悪い状態ですが、全身を栄養しているのは血液なので、血流が悪い状態は様々な病気に繋がるのです。重い例でいえば、癌が出来る場所は血流の悪い冷えているところに発生します。(血流が最も活発で温度の高い心臓には癌は出来ませんよね。) また、血流の悪さは内臓の働きも低下させてしまいます。内臓が上手く機能しないと、消化や吸収が上手く出来ないために、十分な栄養が得られません。免疫力も落ちるため風邪などもひきやすくなります。冷えは私達の体の全ての機能に影響する自律神経のバランスも崩してしまいます。自律神経のバランスが崩れると、精神的に不安定になったり、不眠に陥ったり、様々な事が悪循環になってしまいます。
お身体の不調に結びつく冷えですが、どんな予防法があるのでしょうか?
まず、下半身(特にふくらはぎ)は心臓と遠い位置にあるため、血液の流れが悪くなるため冷えが起こりやすいので、下半身の衣類は重ね着などして暖かくしましょう。(上半身も首周りは冷やさないように工夫しましょう。)
またぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも良いです。これは自律神経を落ち着かせる効果もありますし、お身体の毛細血管を開いてくれるので効果的です。(習慣に出来ると良いですね。)自律神経を落ち着かせるには朝はしっかりお日さまの光を浴びて目覚めて、夜寝る前にはスマートフォンやPCなどを控えてしっかり睡眠をとりましょう。(体内時計を整える事は自律神経を整えます。)
食事も冷えには大きく影響します。お身体を温める食べ物を積極的に摂るのはもちろんですが、食事を摂る時間帯も関係があります。特に寝る直前に食事を摂ると消化のために、内臓が休む事が出来ません。疲れにも繋がりますし、質の良い睡眠も取れなくなるので、控えましょう。食べ物はよく咀嚼して食べると、内臓にも負担がかからず、自律神経も落ち着かせてくれるのでお薦めです。
また、運動不足も冷えに繋がります。特にふくらはぎなどの下半身の筋肉が落ちてしまうと全身の血流が滞り、冷えに繋がるので、階段を意識的に使ったり、ウォーキングなどを積極的に行いましょう。
いかがでしたか?冷えは万病のもとです。冷え性対策をしっかり行って、寒い冬を乗りきりましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP