「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

台風が近づくと、頭が重くなる、ズキズキと痛み出す、頭が締め付けられるように痛むといった症状は台風が原因の頭の痛みかもしれません。
台風が近づくと急速に気圧が下がるために頭の痛みをもたらします。
9月7~8日に関東地方を襲った台風15号は上陸時の中心気圧が960hPa(ヘクトパスカル)でしたので、一気に40hPa前後も気圧が下がったことになります。気圧が急速に下がったことで頭の痛みを訴えた人が多くいらっしゃいました。

頭の痛みを引き起こすメカニズムは2通りあると言われています。

ひとつは耳の奥に気圧のセンサーがあり、気圧が下がると自律神経にストレスがかかり交感神経が活発に働きます。すると頭や首の血管が収縮して、頭が締め付けられるような頭の痛みを起こします。

もうひとつのメカニズムは、気圧が下げると三叉(さんさ)神経の興奮が起きることです。

三叉神経は、顔の感覚(熱い・冷たい・痛いなど)を脳に伝える働きをします。三叉神経が興奮することで脳の血管を拡張させて血液の流れが悪くなり頭の痛みを引き起こす可能性が高くなると言われています。
台風が近づくと頭の痛みがでやすいのであれば、前もって対策をしておきたいものですよね。

当院には台風だけでなく色んな原因の頭の痛みを訴えられる方が多く来院されます。
当院独自のB&M背骨歪み整体とトリガーポイント療法で根本的な施術を行うことで血液の流れを良くしていきます。
それにより、頭の痛みを繰り返したりその場限りの施術ではなく良い状態で日常を過ごしていく事ができます。

多く利用者さんに施術の効果を感じていただいております。

今、頭の痛みで悩んでいる方がおりましたら、無理をせずに早めに当院までお越しください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP