「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

みなさんこんにちは。

台風が近づいていますが、皆様大丈夫でしょうか。このような気圧の変化が続くと頭の痛みが出たり、身体の変化も大きくなりますので皆さま体調にはお気を付けくださいね

早くも八月に入りましたね。ムシムシしたり、気温が高いとついつい冷房をつけてしまったり、冷たい飲み物をたくさん飲みたくなってしまいますよね。

今回は夏の冷え性についてです。

冷え性というと、冬を想像することが多いかと思います。しかし、最近は暑い夏でも身体は冷えてしまっている方がとても増えてきました。私達は、気温によって自分自身の体温を変化させようとします。例えば、気温が高い夏は身体を冷やそうと冷たい飲み物やアイスを食べて体温を下げようとします。ただ、近年はどこへ行っても冷房が効いていて暑い場所にいることの方が少なくなります。そのような生活の中で、冷たい飲み物を飲んだりしているとますます身体は冷え切ってしまい知らないうちに夏の冷え性になってしまいます。

人間は体温が1度下がると免疫も代謝も下がると言われています。免疫が下がれば病気にもかかりやすく、回復も遅れます。代謝が下がるということは、身体が冷えることにより血管が細くなり血流が悪くなります。血流が悪くなると、充分な栄養や酸素が筋肉や内臓に送られず、老廃物は回収されずにそこに残り続けるため、むくみや便秘、肥満や倦怠感にもつながってきます。
また、男性に比べて女性に冷え性が多いのは、筋肉の量が男性よりも少ないことが原因ですが、最近は運動不足や食生活の欧米化、加齢により男性の冷え性も増えてきています。また、オフィスなどで直接冷房の風を長い時間当たり続けるのも身体にとってはとても大きな負担となります。

さらに身体が冷え、自律神経が乱れると全身の倦怠感や食欲不振、不眠、生理不順、不妊症にも繋がりますますストレスがかかった悪循環になってしまいます。

冷え性は大敵で良くならないと思われがちですが、簡単にできるセルフケアで冷えにくい身体をつくることもできます。

1つ目はお風呂です。

夏場は暑くお風呂もシャワーで終わらせてしまいがちですが、1日5分~10分だけでも温かい湯船に浸かり身体の芯からジンワリと汗をかくことで体温が上がります。また、お風呂の水でふくらはぎに圧がかかり、血流が促進され血液やリンパの流れが良くなりむくみや疲労がとれます。

2つ目は簡単な筋トレです。
冷え性を良くする根本的な方法としては、身体の筋肉量を増やすことです。筋肉量が増えると脂肪が燃焼されやすくより多くの熱をつくるので自分自身で身体を温めやすくなります。自宅で簡単なスクワットをしたり、足上げをするだけでもいいです。歯磨きやドライヤーをする際に、踵を上げ下げするだけでも毎日行えば違います
なによりも大切なのは継続することです。

冷え性も毎日のマイナスな継続の積み重ねでなってしまうので、それを補うためのプラスの継続を積み重ねていければ確実に今よりも冷えにくい身体を自分でつくることができます。

暑いからといって油断せず、身体をしっかりと守っていきましょうね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP