「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

いよいよ夏本番となり、暑い日が続いております。

暑い夏には冷房をかなりきかせて過ごされている方も多いかと思います。

夏場のクーラー病に気をつけていかないといけません。

具体的にはクーラー病とは何なのでしょうか?

人間は夏暑い時、体の熱を逃がすために汗をかきます。

身体の表面にかいた汗が蒸発して体温を下げるわけです。

その際に人間の新陳代謝があがります。

このようなサイクルが自然なのですが、現代では会社でも、自宅でも、電車の中でもいたるところで冷房がきいています。

冷房がきいている環境では、お身体を冷やす必要がないので、この代謝機能が落ちてしまいます。

また暑い日には冷たいものが飲みたくなりますが、胃の中に冷たいものが入ると、消化する能力が落ちるため、やはり代謝が落ちます。

代謝機能が落ちると、血管は収縮し、自律神経(汗を出したりする自分の意志とは関係なく働く神経の事)の働きも緩慢になります。

このような状況で気温の暑い外に出ると、お身体は急に対応できません。

このような状態では体調不良を起こしてしまうのも仕方ないかもしれません。

また、夏場は汗が大量に出るため、血液中の水分も外に出てしまいます。

そうすると、血液はドロドロな状態になります。

このドロドロ血液が収縮した血管に入り込むと、血液が良く流れない為詰まってしまいます。

筋肉の中にも当然血管は通っているので、筋肉の中で血液が詰まってしまっているような状態になります。

血液の流れが悪い筋肉は硬くなってきてしまいます。

この硬くなってしまっている筋肉の状態で新陳代謝が落ちると、お身体としては痛みが出て来てしまいます。

夏場に肩や首や腰に痛みがクーラー病で発生する原因はこれです。

それでは、クーラー病を予防するにはどうすればいいでしょうか?

まず室温を28度くらいに設定しましょう。(省エネにもなりますよね)

飲み物もキンキンに冷えたものばかりではなく、白湯のような少し温かいものをお腹にいれましょう。

会社などで冷房の温度が下げられない方はお腹をカイロなどで温めてもいいかもしれません。

夏場は熱中症とクーラー病両方に気を付けて、快適に過ごしましょう。

また、クーラー病でお身体に痛みを感じたら吉祥寺サンロード整骨院までご相談下さいね・。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP