「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。毎日暑い日が続き、夏本番という季節になって参りましたが、皆さんは夏を快適にお過ごしでしょうか?
この時期よく耳にするのが、「熱帯夜」という言葉です。暑くて寝苦しい熱帯夜ですが、皆さんはこの時期にどれくらい睡眠時間が減ってしまうかご存知でしょうか?ある統計によると、夏場の暑い時期は暑くない時期に比べて約40分くらい睡眠時間は短いそうです。40分くらいか、とお思いになるかもしれませんが、毎日40分づつ睡眠時間が短いとすると、生活する上で、仕事をする上でお身体に対しての影響ははかり知れません。
最近問題になっている「睡眠負債」にも繋がるところがあります。(睡眠不足が重なって体調を崩してしまう事です。)
一生のうちに3分の1を人間は眠ると言われています。夏場はただでさえ体力を使うので、睡眠は非常に大切なものになります。
それでは寝苦しい夏にどうやって快適に睡眠をとれるのでしょうか?
寝ている時の空調は28度が最適なようです。28度というと少し暑いですが、眠る前までもう少し室温を下げておけば眠る前に28度に戻しても、寝ている間は体温が下がるため大丈夫です。また扇風機も併用して使うのをお勧めします。
扇風機は直接肌に風が当たると体調を崩しやすいので、壁に向かって風を吹かせて室温が循環するようにしましょう。
こうする事で涼しい空気が室内を回るため快適です。
少しの工夫で睡眠不足から来る夏バテも防ぐ事が出来ます。空調に工夫して快適な睡眠をとり、体調管理をしていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP