「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

みなさんこんにちは。5月ももう終わりが見えてきましたね。そして少しずつ雨の降る日多くなってきた気がします。こんな雨の多い日には体の痛みも出やすくなるのを皆さんご存知ですか。

 みなさんの中にも雨が降ると体の関節に痛みを感じたり、古傷が痛んだりとお体の不調を訴える方も多いのではないでしょうか。その痛みは「天気痛」や「気象痛」と言われ医学的に証明されているそうです。では痛む原因は何なのでしょうか?それは気圧が下がることで体内に分泌される「ヒスタミン」という物質が関係しています。このヒスタミンは副交感神経に影響を及ぼし、自律神経が乱れやすくなります。自律神経の乱れが気分を落ち込ませたり、全身の倦怠感を起こし体の痛みを感じやすくさせたりします。さらにヒスタミンが増えると関節に炎症を起こし、痛みを発生させます。そんなに強い痛みではありませんが、元々関節の軟骨がすり減っていたり、古傷が残っていたりするとその場所が炎症を起こし強い痛みが出ます。また自律神経が乱れているうえに痛みが加わる為、非常に不快な痛みになると言われています。そこで対策としては血行を良くすることが非常に大切です。痛みがある部分から血行を良くしヒスタミンを押し出すことで痛みを軽減させることが出来ます。そのためには湯船に良く浸かることが一番効率も良く体も温まりますよ。さらに自律神経の乱れを取る為に十分な睡眠をとるように心掛けましょう。睡眠は体を回復させるためには一番重要になります。今の時期はなるべくクーラーはつけず、除湿をして睡眠をとることをお勧めします。

 当院にも梅雨時期の体の痛みでお悩みの方が多くおられます。梅雨に入る前に今の位置にしっかりと施術を行っておくと体の痛みも出にくくなります。みなさんも梅雨時期のお体の痛みに悩まされているのであれば一度当院にご相談ください。一緒に今年の梅雨も乗り切ってよい夏を迎えましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP