「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は首肩周りが痛いと言って来院された、学生のお話をしていきますね。その方は首肩周りで以前から強い張り感や、頭の痛みなどで悩まれていたそうですが朝起きたら首が回らなくなっていたということでいらっしゃいました。いらっしゃった時は首があまり回らないような状態でした。そして今部活でテニスをやっていて、脚も少し怪我しているとお話しされていました。

まずは首に関してはテニスで使っている軸足が右側で身体がずっと傾いてると感じていたそうで、お身体を後ろから見ても明らかに右側に強く重心が傾いていました。そしてパソコンをよく使うようになり、猫背も気になりだしたと言われていました。腰も以前痛めたことがあり、それも右側だったそうです。

腰から首までは積み木のように骨が重なり合っています。その上に筋肉が連なるように付いています。その方は右側と前方向へ姿勢として常に負荷がかかっている状態でした。筋肉には長時間の(筋肉が本来あるべき位置にない)同じ姿勢はとても負担になります。その姿勢でスポーツもしている形になり、筋肉は少しの力でも痛めやすい状況になります。

寝違いとは寝ている間に起こる筋肉の炎症のようなものです。その方は寝返りなどの軽い力でひねってしまったのはそれが原因になります。なのでしっかりと筋肉の深い部分から施術を行い、今までの筋肉のストレスを取るように施術を行いました。しかしお身体の使い方自体を変えていかないとまた寝違いは繰り返しやすいともお話ししていきました。それだけでなく脚の怪我については転んだとかではなく、走ったりしているうちに太腿の外側に痛みが走り整形外科に行かれたそうです。大腿四頭筋(太腿の前の筋肉)の怪我らしいということでした。

しかし先ほども書いたようにその方は常に右にお身体の軸はずれています。なので身体が右へ右へと引っ張られたら脚のどの部分が一番力を入れ入れるか‥‥

脚の外側の力をしっかりといれ、お身体を踏ん張ろうとします。最近になり、テニスをしているときはそこまで気にならなかった脚の疲れもあったそうです。そこで太ももの筋肉が付いている場所を触るとその場所がすごく痛むとの事でしまず筋肉と骨は違う組織でできているので、そのつなぎ目にあたる部分はどうしても炎症が起こりやすいです。しっかりとお身体の軸を戻して筋肉の状態を良くしていきましょうとお話して施術を始めました。その後はゆがみも整えて太ももの筋肉のストレッチもしていくと足の症状も軽くなると思いますとお話しました。

何日か施術を繰り返し、首の痛みは早い段階でよくなり脚に関しては徐々に力が入り始めたそうです。この方のようにお身体を本来の状態に戻していくことで、今までより怪我もしにくくなりますしパフォーマンスも上がります。痛みだけでなく、これからのお身体の事を良くしたい方はお早めに吉祥寺駅北口を真っ直ぐいったところにあります吉祥寺サンロード整骨院までご相談下さい。

 

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP