「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

こんにちは。
7月に入るとお子さんのプールが始まる所も多いかと思います。これからの季節、気をつけていきたいのが夏風邪です。

夏風邪の症状は、従来の風邪の症状である喉の痛み、咳、発熱、頭の痛み、鼻水などと、下痢や腹痛などの胃腸の方にも影響が出ることがあります。夏風邪の前兆で、喉の違和感から始まり、発熱や悪寒、倦怠感が続くことが多いようです。

風邪の原因となるウイルスなどはおよそ200種類ほどあるようですが、その中でも夏風邪の中で子供がかかりやすいものがいくつかあります。
まずは、プール熱と言われるものです。正式には咽頭結膜炎といい5歳以下の子供の夏風邪の多くがこれになります。高熱が1週間ほどあり目の充血や喉の痛みが出ます。
名前の通り、感染力も強くプールで感染することが多いため、数日は保育園や幼稚園、学校を休む必要があります。

次にヘルパンギーナといって、6,7月の梅雨にかけて流行り4歳以下の子供に多いです。高熱だけではなく、口内炎もできるため食事を取るのが大変なため幼い子供への栄養補給が大切です。

そしてよく耳にする手足口病です。
初期症状は微熱や食欲不振ですが、2日ほど経つと手足に赤い水泡が出るようになります。

子供は免疫力も低く、クーラーなどの温度差による体温調節機能が低下しやすいです。子供の夏風邪は大人に比べて感染力が強かったり、脱水症状をおこしやすかったりと完璧な意思疎通がしづらいため長引くこともあります。
手洗いうがいを徹底したり、夜はしっかり布団をかけて寝たり、ミネラルの入った水分補給をこまめに摂ったりと、簡単ですが大きな効果のある予防ができます。

自分の体調不良より、子供の体調不良を見ている方がよっぽど辛いとよく聞きます。
せっかくのプールを思いっきり楽しんでもらえるようしっかりと予防をしていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP