「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

この商店街にもお子様連れのお母さんが多く歩かれていますよね。当院にもお子様を連れての利用者様が大勢来院されています。

さて、本日は小さなお子様がいらっしゃるお母さんの腰についてお話ししたいと思います。

お子様連れで来られるお母さんで一番多くの方が悩まれてるのが腰になります。そもそも何故お母さんは腰に負担がかかるのでしょうか?

まずお腹の中にお子さんがいる際、お腹をつきだして腰をそらすということを強いられます。

そしていざ、子供が生まれると今度は子供を抱っこしたり授乳するようになり体を丸めるようになります。

お母さんたちは短期間でこれだけ姿勢の変化があるわけです。慣れていない姿勢がこれだけつづくと体は当然悲鳴をあげます。

お子さんが大きくなるにつれお母さんの体のダメージはどんどん大きくなっていきます。

ではお母さんはどうすればよいのでしょうか?

妊娠時は体の負担を感じた際はすぐに横になってお腹の重量をなくすこと、授乳時は授乳用のソファーを当てていただいて姿勢を安定させることにより負担は少なくなると思います。

ただし体の負担がこれで完全に取れるわけではありません。

やはり、お子さんがいると体に負担をかけることに違いありません。

私たち吉祥寺サンロード整骨院には子育てで体を酷使された利用者様が沢山こられ、沢山の笑顔をいただいています。

どんな些細な悩みでも構いません。何でもご相談に来てくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP