「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。吉祥サンロード整骨院です。
最近秋が本格的にやってきて肌寒い季節が多くなってきましたね。この季節になってくると特に朝の重怠さや倦怠感などが出てきやすいのでお身体には十分に気をつけてくださいね。

寝るときの姿勢によってかかる身体の負担についてお話していきますね。
皆さんは寝るときに姿勢を意識して寝たことはあるでしょうか。ほとんどの方があまりないんじゃないかなと思います。寝る時の姿勢によって身体にかかる負担が変わっていくので姿勢はとても大切なんです。

寝るときの姿勢が横向きの方はどうしても下になっている方の身体に大きな負担をかけてしまいます。特に腕周りや肩に負担がかかってきてしまいます。ひどいです。
では、負担をかけない寝方はというと、仰向けです。仰向けは立っている時の姿勢と似ているのであまり負担がかかりにくいです。しかし、枕によって負担のかかり方が違ってきます。人にはその人に会った枕があります。枕が高いと立っている時の下を向いているのと一緒です。逆に枕が低いと立っている時の上を向いているのと一緒なんです。そうすると寝ている時に負担がかかり続けてしまいます。
では、どのような枕がいいのかというと寝た時に横からみて身体が真っ直ぐになっている状態が最適な枕です。
当院では、枕の販売も行っていて利用者様の身体に合わせた枕を提供しています。その場で合わせるので、利用者様の声をしっかり聞きながら作らせていただきます。

寝るときの姿勢や枕があっていない感じがする方は是非一度吉祥寺サンロード整骨院にお越しくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP