「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんは長い時間スマートフォンを使っていることが仕事中でもプライベートでも多くなっているのではないでしょうか?便利でスケジュール管理や連絡を取り合ったり以外にも様々な事に使えるスマートフォンは長い時間使ってしまいますよね。なので最近は手の痛みが使いすぎによって起こることがあるのでそのお話をしていきますね

スマートフォンを使っている時の手首の角度を想像してみてください。手首から指までがまっすぐの状態で画面を操作している分にはそんなに負担はありません。ですが手首を曲げるように持っていたりする時間が長くなると負担が大きくなり始めます。さらにスマートフォンを持ちながら、親指で文字入力などの操作を繰り返していると手首が痛くなりやすいです。

少し体の仕組みの説明を加えて、なぜ痛みが出るかというと

骨は単体で動くことはありません。筋肉が骨についていて関節を動いています。骨につく前に筋肉は腱という組織になります。その腱を束ねたり動きやすくするために「腱鞘」と呼ばれる鞘におさまっています。それがあるからこそ関節を動かしやすくしてくれます。その腱鞘の他に腱を抑える組織もあります。

スマートフォンを操作していたり、パソコンのキーボードを使っている時に手首が甲の方に反るような状態で指を動かしたりしていることが多い人はその部分が締まってしまい負担が腱にかかり痛みが出やすくなってしまうという事です。

その痛みを取るには安静が大事です。しかしスマートフォンを使わない日はほとんどありませんし、パソコンも仕事などで使わざるを得ないですよね。同じ使い方を繰り返していると痛みも繰り返してしまいやすいです。なので腱に負担がかかっても痛みが出ないようにするにはその腱の元になる筋肉のバランスを整えて、血液の流れを良くしていけば状態はいい方向に変化していきやすいです。

当院に来られるその痛みをお持ちの方には手首を動かすための筋肉のケアだけでなく、全身の血液の流れを良くするために全体から施術を行います。痛みが変化してきたら、ストレッチなどのセルフケア指導も行いますのでその後も安心です。

手首に違和感を感じている方はお早めにどうぞ

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP