「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

最近朝起きると手が動きにくいなどの状態で悩まれたことはないですか?これは手をよく使う方などでも多く見られるものですが、自分の免疫間違った作用で起こることもあります。なのできちんと原因を調べることも大事です。しかし最近の方では血流が悪く起こっているケースも多いので、そのお話をしていきますね。
当院に来られる利用者の方で特に女性の方に多く見られますが、「朝起きると手が曲げづらくて、時間がたつと落ち着くけど気になる」などのお話があります。やはり手が動きづらくなるのは怖いですよね。手には沢山の神経も通っていますが、日常生活を送る上では1つ1つの関節がきちんと動いていないと使いづらさを痛感しますよね。
自己免疫の影響ではない多くの方はむくみが原因になっていることが多々あります。身体の中の水分は血管内に吸収されて腎臓で必要なもの、不必要なものと分けるようにろ過をされて体外に排出されていきます。しかし水分をの取りすぎや、逆に水分の摂取量が少ないと身体は水分を身体に残そうと血管から水分を出そうとしたりする機能で過剰な水分が血管外へ出てしまう状態がむくみとして出てきます。

更に血液の循環が悪くなりやすい夜は過剰な水分がむくみとして出てきやすいのです。朝の手の動きづらさはそのような事で起こりやすかったりしますが、あとは筋肉は同じ状態でいる時間が長いとそれがストレスへと変わり筋肉の疲労がたまりうまく活動できなくなります。手足の指先などの血管は筋肉によって心臓へ送られていますので、動きが固まれば血流も悪くなりむくみやすさへと移行しやすいというわけですね。
日頃の血流の良さが朝の手の違和感を取るためには重要です。当院では身体の歪みだけでなくお身体全体のバランスを整えますので、一度ご相談ください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP