「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

寝ている時や寝起きにトラブルを抱えている方は、睡眠不足になりやすく体の不調を訴えることも多いです。睡眠不足になると、日常生活に支障が出てきてしまいます。特に高齢者やパソコンを使った仕事をする人たちを中心に増えているのが「寝起きで背中が痛い」とい症状です。
・朝起きたら背中が痛い理由
朝、寝起きで背中が痛いという人には、様々な原因がいくつもある場合がありますので注意が必要です。例えば、猫背などによる筋肉疲労の蓄積。パソコンに向かう仕事をしている人は、猫背になりがちです。猫背や不自然な姿勢などによる疲労は、起きている時や椅子に座っている時には自覚できていなくとも、寝ている時に背中が伸びることで解放されることがあります。
背骨の歪みによる筋肉への負担の増大。背骨が歪むと寝ている際も負担がかかり続けている状態になり身体が休めていないこともあります。
・寝起きの背中の痛みを解消する方法
寝起きに感じる背中の痛みを解消するためにはどうしたらよいのでしょう。
1.姿勢を正す
姿勢を正して生活しましょう。ただし、姿勢を正していてもその姿勢がそのまま続くと負担になります、基本的には良い姿勢でも同じ姿勢を続けることはよくありません。なので、崩した姿勢は少なく、正しい姿勢の割合を大くしていきましょう。
2.ストレッチをする
一日の疲れ固まった筋肉をリセットするように夜や寝る前にストレッチをしてリラックスし寝るようにすることで、いい睡眠を取る事もでき、痛みが出にくいようにも出来ます。
3.施術を受ける
施術を受けることで筋肉の痛みや骨の背骨の歪みを整体する事が出来ます。同じ姿勢で働き続ける仕事の場合には特に注意が必要です。ご自分でメンテナンスできない人は定期的に、施術を受ける事をお勧めします。
色々な要因から痛みは出てきますので少しの不安でも解消しましょう。
吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP