「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

当院に来られている利用者の方で状態が落ち着いていても、朝起きた時に肩周りが違和感が出ていて、しばらくすると楽になるという方がたまにおられます。そのような方には枕の高さはどうかお伺いしています。そんな利用者の方とのお話をしていきます。

その方は2ヶ月ほどくらい前から当院に来らている方で、もともと肩の張りを感じていた中で重い荷物を持ったのが来られました。首肩周りの筋肉の緊張だけでなく背中や腰の筋肉のバランスも悪くなっておられました。なのでこの2ヶ月で痛みを取りながら全体の調子を整えられています。だいぶ痛みも軽減してきてお話をしてきいていたら、「痛むってほどではないけど、朝起きた時の張りが気になる」「横向きで寝るとなにかめまいのような気持ち悪さも出る」とお話がありました。そこで枕はどのようなものを使っておられるか伺ったところもう何年も使っている結婚式の引き出物カタログでもらった枕を使っているとの事でした。ありますよね。私も頼んだことがあります。その枕も悪くないんです。ですが、何年も使っていることにより中の素材の偏りや厚みの変化に気付かずに使用していることも要因として考えられるのです。

人間の最も楽な寝る姿勢はどんな姿勢かというと、最近の研究では立っている時の正常な持っている背骨のカーブに沿って寝ることが最も楽な姿勢ともあります。体全体が本来のカーブをキープしながら眠るというのはなかなかマットレスの圧力やや布団の柔らかさなど全体から見直さなければならず大変ですよね。では今使っている寝具を用いながら少しでも楽な姿勢で眠ることができるのは枕の調節です。

長年愛用している枕を変えるというのは‥という方もいると思います。しかしながら使っていることにより薄くなってしまった枕を使っていると首の支えがない状態、いわゆる頭が落ちてしまっている状態で1日の約4分の1ほどにも値する時間を過ごすということです。これは頭を支える首肩周りの筋肉に負担がかかってしまいますよね。それだけでなく首の背骨の間の血管も刺激されてしまい血流が悪くなり頭が重だるくなったりという事も起こりやすくなります。

この利用者の方が悩まれていた横向きで寝た時の悩みは恐らく横向きになった時に肩の幅と枕の高さが合わなすぎて血液の流れが悪くなってしまった可能性があります。そのため寝返りも少なくなり同じ状態で睡眠を続けていたので深い眠りも減って先にお話しした朝の状態になっていたのでしょう。

当院では施術後の正しい背骨の状態を少しでもキープしやすいようにオーダー枕をご用意しております。販売目的ではなく、本来の楽な姿勢で寝るとこうなると思っていただきたい気持ちがありますので1週間レンタル無料でお貸出しして試してもらっています。なのでその方へも正しい枕の高さを調節をして「愛用の枕もいいと思いますが高さがこのくらいあれば」という目安にもなりますしお試しでレンタルで持ち帰っていただきました。

次の日に合わせた枕を使ったら楽に起きられたから、同じくらいの高さにタオルなどを使って愛用の枕でも試してみるということでやっていただきました。すると前の枕でも以前よりもぐっすり眠れたと喜ばれて「今使ってる枕は大事だから、買い換えるときは調節したやつにする」との事でした。

販売ではなかったですが、喜んでいただけたのがとても嬉しかったです。
皆さんも愛用の枕が朝の状態に関係していることが多いですので今夜寝る前に寝返りなどをうって合っているのか見てみてくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP