「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。5月に入り、過ごしやすい季節になって来ましたね。
気持ち良い季節ですが、日本では6月には梅雨に入ります。毎年梅雨入りすると何故か体調を崩したり、お身体に痛みが出る方も多いのではないでしょうか?今回は、梅雨に向けてのお身体のメンテナンスについてお話しして行こうと思います。
そもそも何故梅雨入りするとお身体に変調を来すのでしょうか。
膝などの関節痛をお持ちの方は「雨が降ったら関節が痛む」というご経験をされた方も多いかと思います。
雨が降る、という事は空気中の気圧が変化するという事です。(低気圧、高気圧)実はこの気圧、私達の自律神経に大きな影響を与えます。人間の自律神経は交感神経と副交感神経というものがバランスをとっています。(簡単に、活動的な時は交感神経、ゆっくり休んでいる時は副交感神経が働きます。)気圧が乱れると、この交感神経と副交感神経のバランスも乱れてしまいます。
人間の体は自らの体を守るため、痛みに対して「痛い」と感じるボーダーラインが設定されていますが、自律神経のバランスが乱れると、このボーダーラインが低くなってしまい、ちょっとした刺激に対しても痛みを感じてしまいます。
また梅雨時期は雨が降った時は気温が下がりますが、晴れ間が出ると急に気温が上がるため、寒暖差にお身体がついて行けず、体調を崩す事も多いようです。人間のお身体にある血管は寒くなると細くなり、体温を逃がさないようにして、暑くなると拡がって暑さがお身体にこもらないようにしますが、1日のなかでこの寒暖差が大きいとついて行けないのです。
また常に湿度が高いので、精神的にもストレスが溜まりやすいのもこの時期ですよね。ストレスがかかりすぎると、気圧の差と同じように自律神経に乱れを生じやすいです。
それでは、この時期はどう過ごせば良いのでしょうか?
まず毎日の寒暖差が激しいので、1枚着るものを用意しておきましょう。
気温の差が5度寒くなったら1枚着る、5度暑くなったら1枚脱ぐといった基準です。
またこの時期は長めにお風呂に浸かりましょう。これは激しい血管の収縮も緩和してくれますし、リラックス効果も高いので、自律神経も安定してきます。(さらにお気に入りの入浴剤などで楽しめると良いですね)
その他にも適度な運動と、バランスの良い食事を積極的にとる事も大切です。梅雨の先には、夏が待っています。皆さんも、梅雨を元気に乗り越えていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP