「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。いよいよ梅雨入りとなりましたね。梅雨と言えばジメジメして過ごしにくいなど、とかくマイナスなイメージがありますが、雨音を聞きながら読書したり、紫陽花が綺麗に咲いたり、何より水不足解消の恵みの雨なので悪い事ばかりではありません。

ただ、梅雨入りのこの季節はお身体にとって大変な変化がある季節です。

皆さんはこの時期になると、「何だか体がだるい、気分が優れない、身体の節々が痛い」などお身体に変化が現れてきていませんか?

昔から「古傷が痛むから、もうじき雨が降るな…」などと時代劇の俳優さんが言っていましたが、実はそれは科学的に証明されつつあります。

梅雨時期のお身体の痛みには「自律神経」が大きく関係しています。

自律神経には大きくふたつの神経があり、ひとつは「交感神経」で、目が覚めていて興奮している状態で、筋肉で言えば緊張している時に働く神経で、もうひとつは「副交感神経」で、眠っている時胃腸などの消化器が働いている時に働く神経でリラックスしていて筋肉は弛緩している状態の時に働く神経です。

自律神経は本来、暑さや寒さに反応して汗を出したり毛穴を閉じたり、自分の意志では動かせないお身体の機能をつかさどっています。

梅雨時期は、気圧や気温が目まぐるしく変化するため、自律神経系が乱れやすいです。

(自律神経は環境の変化にとても敏感です。)

自律神経系が乱れると、筋肉の中を通っている血管の収縮や拡張がうまく働かなくなります。血液の循環が悪くなると、筋肉は緊張して硬くなり、痛みも出やすくなるのです。

対策としては、この時期は湯船にゆっくりとつかってお身体を温めたり、適度な運動をこまめにしたり、お身体を冷やさない食べ物をとったりしましょう。

交感神経の高ぶりすぎを抑えて副交感神経優位に立つと自律神経系が正常に働きます。

この時期、お身体の調子が優れない方、ひょっとしたら自律神経の乱れが原因かもしれません。しっかりと自律神経を整えて快適にお過ごし下さいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP