「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

いよいよ今年も熱中症シーズンが到来してきました。熱中症には水分補給が欠かせません。では、とにかく水を飲んでいればそれでいいのかと言うと、またそれはそうでもありません。水は身体の約6割を占めている成分です。
あらためて正しい水の飲み方をおさらいしておくに値する話でしょう。

水分は適量を維持することが大切

血中の水分が減ると血液がドロドロになってしまいます。身体の隅々まで栄養や老廃物を運ぶ事が出来なくなりますし、血管にもダメージを与えてしまいます。
それでは水をガブガブ飲んでもお腹がポチャポチャして苦しくなった事もあるでしょう。
これは身体が一気に水分を吸収出来ないからです。必要以上に摂取して吸収出来ない水分が身体に悪影響をもたらしている状態です。
具体的には、むくみ、水太り、鼻炎、めまいなどの症状が見受けられます。
ですから血液が常に潤っている状態を保つべく適正な量を常に補給するのが正しい水の飲み方になるのです。
概ねの目安としては毎日、3リットルも飲んでおけば不足は無いようです。
特に意識せずとも食材やお茶などで摂取していますので、あらためて水分補給として意識する量はその半分くらいでしょう。
コップに換算すると大体8杯になります。

水を飲むタイミング

水を飲むタイミングとは?
概ねコップ1杯の水を8回に分けて飲みます。その望むべきタイミングを考えてみましょう。
基本はシンプルに2時間おきに1杯ずつ飲むようにしましょう。

そのままの水にこだわる事も無い

お茶やコーヒー、カルピスなどで楽しみながら飲めるようにしましょう。
しかし、水道水をそのまま飲むのも味気がありません。
毎回だとうんざりもしてくるでしょう。
お茶やコーヒー、カルピスなどで楽しみながら飲めるようにしましょう。
ですがカフェインには利尿作用があってせっかく飲んだ水分を放出させる働きもありますのでほどほどにしておきましょう。ミネラルウォーターなどの美味しい水が出来ればおすすめです。
いろいろな商品が販売されていますので、興味があれば味試しをしながら水を楽しむのも悪くはありません。
間違っても「お酒だってほとんどが水分なのだろう」と思ってはいけませんよ。
水分補給しっかりとやっていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP