「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

みなさんは、肉体労働をして腰が痛むとき、長時間の机仕事のせいで肩が凝ったりした際、

安易にシップを貼ってその痛みをごまかしていませんか?

また、利用者様によく聞かれるご質問なのですが「温シップと冷シップどっちを貼ればいい
の?」といったお話しです。

実はですね、痛みをとるという効果としてはどちらも変わらないのです。

冷感シップ、温感シップと書くように冷たい感覚、温かい感覚を与えているだけなのです。

冷シップは「スーッ」とするメンソール成分の清涼感、温シップは「ヒリヒリ」としたト
ウガラシのカプサイシン作用によるポカポカ感が、それぞれ冷たい感じ温かい感じを与え
ているのです。

残念なことなのですが、シップで肩こり、腰の痛みは良くはなりません。

それどころかシップを患部に貼ることで、かえって冷えてしまい血液循環が悪くなって
しまうこともあるのですよ。

こういう場合にはシップで冷やした方が良いです。

シップは患部が急な炎症を起こし、急激に熱を持ってきた際に使うのが基本ですよ。

今までシップを使って、その痛みを我慢していたあなた。

吉祥寺でカラダの根本から痛みを良くする、吉祥寺サンロード整骨院におまかせください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP