「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは。7月も終わりに近くなり、毎日暑い日が続きますね。(今年の猛暑は例年になく暑いので、皆さん体調管理には十分ご注意くださいね)
毎年、この時期になると急激に増えて来るのが、「熱中症」です。特に今年は最高気温が36度を越える日が早い段階から出てきて、全国的に熱中症で体調を崩される方が多いようです。
熱中症とは、気分が悪くなったり、めまいや頭の痛みが激しくなったり、お身体が痙攣を起こしてしまったり、全身的な水分不足から、血液の循環が悪くなり、場合によっては死に至るような怖い症状です。
予防のためには日中外を歩く際もなるべく日陰を歩くように心がけましょう。(この時期の日なたと日陰ではかなりの温度差があります。)また常にペットボトルなどで水分を携帯して(あまり喉が乾いていなくても水分を口に含む位)水分補給を十分にしましょう。この時ミネラルをとれるようにスポーツドリンクなどがお勧めですが、糖分も多いので、少し薄めに作るなど工夫をすると良いかもしれません。急激な暑さによって熱中症は起こりますので、その準備が出来ていれば熱中症の予防に繋がります。この準備とは適度な運動です。(激しいものではなく、通勤で歩く距離を延ばしたり、無理のない範囲で構いませんので、継続してお身体を動かすようにしましょう。)
熱中症を防ぐために欠かせないのが「冷房などの空調設備」ですが、電車やバス、会社の空調は時として寒すぎる場合があります。外から空調の効いた室内に入る時に汗をかいた皮膚が急激に冷やされるため、体温も急激に下がります。この際にお身体は気温の変化についていけず、体調を崩してしまいます。(自律神経のバランスを失って内臓の働きが悪くなったり、急に血管が収縮して筋肉を痛めたりします。)いわゆる「冷房病」ですね。夏場は肌を露出する事も多くなるので、冷房が効いた室内に入った時に冷房病になりやすいので1枚余分に羽織るものを用意しておくのも良いかと思います。暑い室内で冷房を効かさない方もおられますが、それでは熱中症にかかる恐れがあるため、(近年の暑さは少し異常ですよね。)適度に
冷房は必要です。
暑いこの時期は熱中症対策と冷房病対策をバランス良く行って快適に過ごしましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP