「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

最近はテレビで沢山医療に関する番組があり、関心の高さを感じます。その中でも原因不明の痛みを総合診療科の先生が診察していき、目が離せなくなってしまいつい最後まで釘付けになってしまいました。最終的にその方は脳からの物質により痛みを感じていたようですが、多くの方の悩みである腰の痛みも意外に脳からの物質によるものもあるんですよ。
その中でも代表的なのがドーパミン(楽しくさせたり気分を高揚させるような働きをしてくれる物質)とノルアドレナリン(活動するときにとても重要な物質)です。この2つはどちらかが多すぎてもダメですし、不足してもダメな物質なのでその量をコントロールしてくれるのがセロトニンという物質です。
このセロトニンという物質は痛みにとても関係していて痛みを出す物でもありますし脳での痛みの抑制などにも関与しています。これらの物質のバランスが崩れてしまうと感情をコントロールする事が出来なくなったり、痛みや不眠などにも影響が出てきます。1番最初にお話しした番組の方もセロトニンが影響をしていました。セロトニンが減少してしまうことで精神的にもバランスが取れなくなりストレスなどの影響を受けやすく痛みも感じやすくなったりもします。
このセロトニンをきちんと合成するには生活リズムを整えることが大事です。セロトニンは日の光に当たることで合成が促進されるので朝日を浴びる事はとても重要です。セロトニンがうまく合成されると眠るために必要ないメラトニンというホルモンも増えていい睡眠が取れるようになるので好循環です。
しかしながらなかなか普段の生活でいい睡眠が取れない、不規則な食事になりやすい、ストレスを抱えやすいなどといった現代の方ではセロトニンが不足してしまうこともあります。そしてそこから腰の痛みも出てきてしまいやすいです。最近はそのように原因が脳や精神的なものからくる腰の痛みで悩まれる方がとても多いです。その場合は少しでも筋肉の緊張や背骨の歪みをとり身体本来の痛みが出ないようにケアして行くことによりストレスなども軽減しやすくなります。
最近なんだか寝起きにすっきりしない、痛みなどがいつ来るのかと不安が強いなど身体の不調を感じたらお早めに吉祥寺サンロード整骨院にお越しください。お話をきちんと伺い適切な施術を心がけ、少しでも状態が早く良くなるように一緒に考えて行きます。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP