「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。吉祥寺サンロード整骨院です。今日は痛みの種類とその痛みの応急処置について話して行きます。

まず痛みというのは身体が危険ですよと伝えるサインになります。今日は急性期の痛みと慢性期の痛みの対処法について説明して行きます。

急性期の痛みというのは、身体を動かした際に捻ってしまったり身体をぶつけてしまったりしてしまった際にズキズキと痛む時の痛みになります。この痛みで有名な物が急な腰の痛みや、打ち身などです。身体がズキズキと痛む時には、できるだけ安静にして患部を冷やしてください。打ち身をした際には患部に炎症が起きている状態になりますので、しっかりと冷やすことで患部の炎症が落ち着きやすくなります。患部を冷やす際は氷での冷却が一番効果が高いと言われています。

慢性期の痛みというのは、デスクワークや生活の中での度重なる負担によって身体が重だるくなってしまうような症状になります。こういった痛みが出てしまった際は、身体をしっかりと温めることで血流を良くすることが大切になります。血流を良くすることで関節の動きが良くなり筋肉自体の動きが良くなることで症状が良くなることが多いです。

ただ、こちらはあくまでも応急処置になるますので、こういった痛みでお悩みの場合は、一人で悩まずに是非当院までご連絡下さい。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP