「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。9月に入り、いよいよ秋らしい日が増えてきて、過ごしやすい季節になってきましたね。
気持ちいい時期ですが、実は夏から秋にかけて体調を崩す方も多いです。今回は「秋の体調管理」についてお話しして行こうと思います。
皆さんは、秋バテになっていませんか?夏のお身体の疲れがしっかり抜けないまま秋への気候の変化にお身体がついていけず、体調を崩してしまう方がこの時期は増えてきます。この秋バテを防ぐには…
1  疲労をしっかり抜く
気温の変動の激しい夏は(室内と野外でかなり温度が違いますよね。)それにお身体が対応するために、確実に疲労が蓄積します。人間が回復するのに必要なのはズバリ睡眠です。秋が深まるまで休日などは少し長めに睡眠を取りましょう。この時起きる時間などはいつもと変えずに、眠りに就く時間を速めましょう。
また夏場はどうしても冷たい物を摂ることが多いため、内臓も疲れがちですので、暴飲暴食などは避け、温かいものをよく噛んでゆっくり摂りましょう。睡眠前の食事も避けると良いです。
2  気温の変動に備える
9月に入ると、日中と夜の温度差が激しくなります。日中は残暑のような暑さがあり、夜になると、長袖でも肌寒いような気温になります。夜の寒さに備えてしっかり防寒対策も必要です。
人間は1日の中で気温の変化が激しいと自律神経に乱れが生じます。自律神経の乱れは頭の痛みの原因になったり、胃腸の働きを悪くしたり、鬱の原因になったりと様々なお身体への変調をきたします。自律神経を落ち着けるためには、お風呂にしっかり浸かるのもお薦めです。
3  ストレス対策
お身体が季節の変化についていけず、この時期は様々なストレスがかかります。花粉なども飛び始める上に、空気も乾燥するため、花粉症の方は更にストレスがかかりますよね。
水分補給をしっかりする事と、お身体の免疫力を上げて(適度な運動やお身体を温める事、胃腸を冷やさないようにするだけでもかなり免疫力は上がりますよ。)花粉症対策もしていきましょう。この時期は気持ちの良い気候の日も多いので、雰囲気の良い喫茶店でゆっくり読書するなど積極的にリラックスできる時間を持ちましょう。

9月、10月は食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など、何かとアクティブになれる季節です。皆さんもしっかりと体調管理して秋を満喫しましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP