「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。9月に入り、すっかり秋らしくなってきて、気持ちいい季節になってきましたね。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、と何かとアクティブになれる時期ですが、この時期秋バテに苦しむ方も増えて来るのを皆さんご存知でしょうか?
そもそも秋バテとは何なのか?一般的には夏バテという言葉のほうが皆さんは馴染み深いと思います。夏バテは夏の暑さによる疲れが主な原因ですが、秋バテは1日の中での気温の変動や変わりやすい天気などにお身体がついていけずに起こる事が多いようです。
秋の気温は朝晩と日中では10度以上気温の差がある日も多いです。人間の身体は寒ければ血管を収縮させて体温を温存しようとしますし、暑ければ血管を拡張して体温を逃がそうとします。この反応は比較的ゆっくりなため、気温の日内変動が10度となるとついていけずに、体調を崩してしまいます。また、この季節は天気が変わりやすく、高気圧と低気圧が交互にやって来ます。この気圧に人間の自律神経は反応しやすいです。自律神経は簡単にいうと、起きていて活動的になっている時は交感神経が優位になっており、寝ている時など休んでいる時は副交感神経が優位になっています。(寝ている時は胃腸等の消化器系が活発に働きます。)
本来働かなくて良い時に働くと自律神経はバランスを崩してしまいます。
自律神経のバランスの乱れは頭の痛みや疲れ、鬱病や消化不良、関節などお身体の痛みなどお身体に様々な影響を及ぼします。
以外と怖いこの秋バテにはどのように対処したら良いのでしょうか?
まずは、朝晩など寒い時間帯に体温を下げないようにするため、1枚余分に洋服を着るようにしましょう。(ただ日中は気温が上がるため、すぐ脱げるような上着が良いと思います。)
また自律神経を落ち着かせるため、お風呂はシャワーだけで済ませずゆっくりお湯に浸かると良いです。(入浴剤を入れたり、お風呂の温度をぬるめにするとお風呂も楽しめますよ。)
消化を良くするためによく物を噛んだり、(唾液には消化酵素が沢山含まれています。)消化に良い物を積極的に取りましょう。また根菜など、お身体を温めるものをしっかり摂りましょう。
いかがですか?
皆さんもしっかり準備して実り多い秋を楽しみましょう。
この季節はお身体の痛みも出やすい時期です。秋バテなどでお身体に痛みが出たりしてお悩みの方は是非一度吉祥寺サンロード整骨院までご相談くださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP