「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は普段デイサービスなどで元気に働く60代の方が来られて、皆さんも悩みで多くあるのではないかと思いシェアさせていただきますね。

その方は週に5日リハビリ型のデイサービスで長年にわたり働いている元気のいい60代の女性でした。当院に来られた時もちゃきちゃきとされていてどこが辛いのかお話を伺うまではわかりませんでしたが、昨日の夜にお風呂場で立ち上がる際に膝が内側に入ってから痛くて曲がりづらいという事でした。

実際に寝ていただき膝の確認をすると、膝を支えるための靭帯などの組織が緩んでいるため関節が不安定になっているのと筋肉のバランスが崩れて太ももやふくらはぎがパンパンな状態でした。以前にも同じような経験がなかったか伺うと、3年前に大きく階段で転んでから「膝は弱い」と思っていたそうです。

膝を支える組織としては関節の内側と外側の靭帯だけでなく関節の中に2つ強い靭帯もあります。そして関節への衝撃を吸収するための軟骨(半月板)もあります。3年前に転んでしまった時に内側の靭帯と半月板を痛めてしまい、病院へは行ってしばらく安静にして良くなったと思っていたそうです。

そんな安心した中今回の痛みです。なのでその方へは損傷してしまった靭帯や軟骨が完璧な状態でない事から身体全体がかばうよう使ってしまいバランスが崩れてしまうご説明をしました。今の状態をそのままにしておくと膝の周りの脚の負担だけでなく、腰や背中、遠い位置の首にまで影響を出すこともあります。

今回の状態を良くするために太ももやふくらはぎの施術だけでなく、歪んでしまった背骨自体も整えた方がこれからのためにいいとご説明も行い施術を行いました。やはり膝や足にかかる重心バランスの偏りを少なくしておかないと関節自体に変形などを起こしてしまったりより日常生活に悪影響を及ぼしかねません。

実際問題膝の靭帯や半月板の損傷や引っかかりは手術などでしかつなぎ合わせることや取り除くことは出来ません。しかしながら周りの筋肉がきちんと使えていればそのままであっても日常生活に影響なく使い続けられることが沢山ありますので保存的に状態を落ち着かせるのが多いです。

今回沢山の利用者の方はこれから仕事を続けて生きたい5年後、仕事を辞めてからの10年20年をより使いやすくする為に定期的に施術を受けながら仕事を頑張っていくとおっしゃられていました。
これからもたくさんの方の笑顔を増やせるようにやっていきたいと更に思えました。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP