「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。最近は毎日寒い日が続いて、いよいよ冬本番となって参りましたね。 最近朝晩の寒さも厳しくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 寒くなってくると、膝の痛みでご来院される方が増えてきます。階段の登り降りや長時間の歩行で痛みを感じておられる方も多いのではないでしょうか?(おつらいですよね。) 今回は膝の痛みの原因についてお話しして行こうと思います。

「膝が痛い。」と訴えられてご来院される方の多くは、どちらか片方の膝が痛いことが多いのです。(もちろん両方の膝が痛い方もおられますが)また、腰の痛みも同時に起こしておられる方も多いです。 ここに膝の痛みの原因が隠されていると思います。

膝が痛む方は、膝の中にある軟骨がすり減っていたり、膝の中である一部分だけが負担を受けて痛みが出たり、膝の関節を支える靭帯が損傷している事が多いです。こうなると、膝の関節に炎症が起きるので、痛みが出てしまいます。またその炎症をおさめる為に水がたまったりします。 膝そのものが痛む原因はこのような事が多いですが、ここで疑問になってくるのが、「何故片方の膝が痛いのか?」という事です。

片方の膝が痛い方はだいたいの方が痛いほうの足に体重がかかっています。 人間の体重を両方の足ではなく、片方の足で支えると、重心のかかっているほうの足の関節には物凄い負担がかかります。これは膝だけでなく、股関節や足首も同じです。ですから、「最近、体が傾いてるなぁ」と感じている方は要注意です。

それでは何故重心が傾いてしまうのでしょうか? これは姿勢(歪み)と深く関係があります。たとえば猫背になると、お尻の骨(骨盤)は後ろに倒れます。お尻の骨(骨盤)は平たいので、倒れてしまうと左右に不安定になります。こうなると、左右の足のどちらかに重心がいってしまう事が多いです。 また腰にも無理がかかるため、腰の痛みも併発することが多いです。また腰の痛みを抱えておられる方は少し屈みぎみの姿勢をとります。このような姿勢も膝に負担をかけます。 つまり姿勢が悪いと、お身体の重心が乱れ、膝や腰に負担をかけてしまうのです。

吉祥寺サンロード整骨院ではB&M背骨歪み整体を行っております。 背骨の歪みをとっていく事で、骨盤の位置を正しく保ち、バランスの良い重心にしていきます。もちろん膝の周りの筋肉にもアプローチしながら、お身体全体のバランスをとっていく施術を行っていきます。 膝の痛みの根本原因はお身体全体のバランスの問題かもしれません。 膝の痛みでお悩みの方、整骨院や整体院が多くどこへ行っていいのかわからない方は是非一度吉祥寺サンロード整骨院まで御越しくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP