「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。3月に入り、ようやく暖かく、春らしい日も増えてきましたね。気持ちのいい季節となって参りましたが、この時期花冷えといわれるように寒い日も多く、気温*
不安定になるため、お身体の調子も崩しやすいので、くれぐれもご自愛くださいね。この時期は何かと関節が痛む方が増えてきます。特にご年配の方は、膝の痛みでお悩みの方も多いです。
今回はそんな膝の痛みの原因についてお話しして行こうと思います。*
皆さんの中でも、膝の痛みの原因は加齢による膝の軟骨の減少が原因、とお考えの方が多いと思います。
確かに加齢により、膝の軟骨は減少します。この軟骨の減少によって膝周りの骨同士が当たって痛みが出る…という事が多いです。
それでは、何故膝周りの骨同士は当たってしまうのでしょうか?
この原因を考えて行くと膝の痛みの原因がわかります。
膝の痛みの原因には、腰への負担が大きく影響します。
実際に膝が痛い方は腰も痛い方が多いようです。腰が痛いのには大きな原因があり、骨盤が歪んでいる事が挙げられます。骨盤が歪む時には、少し猫背になっている事が多いです。
猫背になると、骨盤が後ろに寝てしまう事が多く、骨盤が後ろに寝てしまうと、骨盤は平たいために左右にずれやすいです。この時に右や左に重心がぶれてしまう事が多いようです。 左右に骨盤がずれてしまうと、体重が左右どちらかに乗ってしまうため、どちらかの膝に負担が大きくなってしまいます。また、骨盤の後傾は腰周りの筋肉が引き伸ばされるために筋肉に無理がかかり、腰に痛みが出ます。
腰に痛みが出ると、腰をかばうような体勢(前屈み)になるため、足で踏ん張るような体勢になります。この時に両方の膝にはかなりの負荷がかかります。
このように膝そのもの(軟骨の減少など)に対してのメンテナンスももちろん大切ですが、膝に対してかかる負荷を減らすメンテナンスという事が大切になります。
吉祥寺サンロード整骨院ではBM背骨歪み整体を行っております。この整体は理想的な姿勢を保ち、骨盤の後傾なども抑え、お身体の様々な痛みを良くする整体です。
辛い膝周りの痛みでお悩みの方は是非一度吉祥寺サンロード整骨院までご相談くださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP