「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、6月に入り、雨模様な毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
この時期になると、何故かお身体の色々な関節が痛み出す方、増えて来るのではないでしょうか?
時代劇などでもありますが「身体の節々が痛くなって参った。雨がちかいのぅ…」というお話しは現在でも良く聞きます。
(梅雨時とお身体の痛みの関係についてはまた別の機会でお話しして行こうと思います。)
この季節、何故か膝の痛みでお悩みの方が増えて来ます。
そもそも膝の痛みは何故起こるのでしょうか?
まず、膝を曲げようとした時に全く曲がらないという方は膝の骨自体が変形して関節が壊れてしまっている恐れがあるので、病院のレントゲン写真などで現状を確認してみる事をお勧めします。(場合によっては手術する事になるかもしれません。)
またもうひとつは、膝は曲がるけれど階段の昇り降りなどの運動で鈍く痛む、という方です。(こちらのほうが多いかもしれません。)
この場合、膝の骨自体には変形などの問題は考えにくいです。膝は歩いたり走ったり立ち上がったりする際に大変重要な関節です。ですから膝の関節を支えるための筋肉が付いています。
この膝を支える筋肉が年齢や運動不足から弱くなってしまったり、筋肉自体のバランスを失って伸び縮み出来なくなったり、背骨の歪みなどから骨盤の位置が不安定になり足の着き方が悪くなったりすると膝に負担がかかり炎症が起きてやがて痛みに変わって行きます。

吉祥寺サンロード整骨院では背骨の歪みをとり、骨盤の位置を正したり、膝を支える筋肉のバランスを整えたりと、膝の痛みに対して様々なアプローチを行っております。是非一度ご相談くださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP