「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今回は『膝の痛み』のお話です。

肩や腰の痛みに次いで多いのが、膝の痛み。

最初に病院へ行くとまず、『レントゲンを撮りましょう』と決まって言われ、『膝の軟骨がすり減ってますね』と言われ、さらに『老化現象だから仕方がないですね、痛みとうまく付き合っていくしかないですね』と言われ…特にこれといった施術もなく終わってしまう事が多いです。

本当に老化現象だから仕方ないのでしょうか?

注射と痛み止めを飲みながら、騙し騙し痛みと付き合って行くしかないのでしょうか?

安心してください。

決してそんな事はありません。

実際には、軟骨には痛みを感じる神経は通っていません。

ですから、軟骨がすり減っても痛みが出る事はありません。

もし本当に軟骨に神経があって、それがすり減っていれば、動かずじっとしていても痛みを感じます。

しかし、実際には椅子から立ち上がったり、階段を登ったり、動きに伴って痛みがでますよね?

これは神経ではなく、筋肉から痛みが出ている証拠です。

日頃の身体の使い方の癖や、お仕事による負荷などで膝を支える筋肉に負担がかかり続けると、筋肉が緊張して硬くなり、膝の周囲に痛みが出てきます。

また、腰や足首など、離れた場所の痛みをかばう事で膝に負担がかかり、筋肉が緊張して痛みが出てくる場合もあります。

病院で『軟骨がすり減っている』と言われても、諦めないでください。

ほとんどの場合、痛みの原因となっている筋肉をしっかりと見極めて施術をする事で痛みは良くなります。

吉祥寺サンロード整骨院では、膝の痛みの原因となっている筋肉の緊張を緩めるとともに、独自の『B&M背骨の歪み整体』を行い、間接的に膝に負担を与えている部位も含めてしっかりと施術を行う事で、根本的に痛みの出にくい身体に変えて行きます。

病院で『軟骨がすり減っている』と言われて、長年膝の痛みを抱えている方、もう一度痛みの無い身体を取り戻したくありませんか?

ぜひ吉祥寺サンロード整骨院までご相談下さい。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP