「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

当院には野球やサッカーなどのスポーツ中の痛みでお困りの方も多くいらっしゃいます。先日来院されたサッカー部の男の子のお悩みは『部活中、膝が重くなり脚が上がらなくなる』というものでした。スポーツ専門の施術院や整形外科に行ったものの、なかなか良くならず、困りはてて当院にされたそうです。

話を詳しく伺うと、膝を曲げ伸ばしする際に使う大腿四頭筋という筋肉(太もも前面の筋肉)は、どこの施術院でもしっかりと施術してくれたそうですが、症状が全く変わらないという事でした。実際に触診をしてみると、確かに大腿四頭筋に硬さは見られましたが、そこが問題では無さそうでした。

よく考えると、この男の子の訴えは『膝が重くなる』という事です。『膝が痛い』とは一言も言ってません。膝が重くて脚が上がらない。つまり、膝を曲げ伸ばしするための太もも前面の筋肉の異常ではなく、脚を上げる際に使う股関節の筋肉に異常があるという事ですね。その結果『膝が重い』と感じているという事です。そこで、股関節の『腸腰筋』という筋肉を触診してみるとかなりの緊張があり、ガチガチに固まっていました。腸腰筋はサッカーなどでも使う頻度の多い筋肉ですが、姿勢の悪さや背骨の歪みによって骨盤に歪みが生じる事でも負担がかかり、緊張して硬くなってしまいます。

この利用者さんには、何回かに分けて筋肉の施術と当院独自の『B&M背骨の歪み整体』を行いましたが、膝の重さが良くなり、今では問題なくサッカーを続けています。運動中の痛みや違和感、重さ等、どこへ行ってもなかなか良くならない症状でお困りの方は、お気軽に吉祥寺サンロード整骨院までご相談ください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP