「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。6月も終盤にさしかかり、梅雨時の中でもかなり天気の変化が激しい時期になって来ましたね。体調不良などを起こしやすい季節ですので、皆さん体調の管理には十分気をつけましょう。
皆さんの中で、「何もきっかけがないのに、最近何故かお身体が痛い、だるい」という方はおられないでしょうか?
ひょっとしたらそれは「自律神経の乱れ」から来るものかもしれません。もともと自律神経は環境の変化に敏感に反応して、お身体の恒常性(調子を一定に保つ事)を保つ働きをしていますが、この時期は環境の変化が激しかったり(雨が降ったり晴れ間が出たり、急に気温が下がったり)体温が一定に保てなかったり(湿度が高いので、皮膚にかいた汗が乾かず、体温を上手く下げられなかったりします。)するので、自律神経は乱れやすくなります。
自律神経は活発に動き、活動的なときは交感神経が優位に立ち(筋肉は緊張している事が多いです。)、寝ている時やリラックスしている時は副交感神経が優位に立ちます。(筋肉は弛緩している事が多いです。)お身体の緊張状態と、弛緩している状態をスイッチするには、筋肉の中の血管を収縮したり、(筋肉は緊張して硬くなります。)筋肉の中の血管を弛緩させたり(筋肉は弛緩します。)します。この作用は自分の意思では調節出来ません。ですから自律神経に乱れが生じると、筋肉の緊張、弛緩のバランスが上手く取れなくなり、少し無理な動きをしただけでも筋肉を痛めてしまったりするのです。
また本来休むべき時に交感神経が優位に立ってしまうと、お身体が活動的になりすぎて疲れやすくなります。疲労が溜まった上に伸びにくい筋肉に無理がかかるとより筋肉に痛みが生じやすくなるわけです。
この時期は毎日しっかりお風呂に浸かる事や(ぬるめのお湯でゆっくりと浸かると良いです。また、入浴剤などでリラックスするのも良いですね。)お風呂のあとは無理のない程度で構いませんので、全身のストレッチをしていきましょう。(お風呂のあとは筋肉が弛緩しているためストレッチしやすいです。)
また自律神経を落ち着けるために、呼吸にもこだわると良いかと思います。(鼻から息を吸って口を細くして息を長く吐くだけでも副交感神経が優位に立ち気持ちが落ち着きます。)
そして以外にもこの時期は「怒らない」のが大切です。実は怒るという感情を持つと、3時間は自律神経が整わないそうです。(逆に感謝という感情は自律神経を落ち着けるようです。)
睡眠にもこだわりたいところです。良い睡眠は副交感神経の働きを良くしてくれますし、内臓の働きも良くするため自律神経のバランスが良くなります。この時期は寝る前のスマートフォンやパソコンの使用は避け、眠る直前の食事は避けましょう。(消化するためにお身体が目覚めてしまうためです。)
梅雨時のお身体の痛みのキーワードは「自律神経の乱れ」です。皆さんも自律神経を整えて、快適に梅雨を乗りきりましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP