「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。11月に入り、朝晩の冷え込みも厳しくなっていよいよ冬が近づいて来ましたね。この時期は風邪などもひきやすいので体調管理には十分お気をつけ下さいね。
今回は「自律神経の整え方」についてお話ししていこうと思います。
そもそも自律神経とはどんなものでしょうか?簡単に言えば、「自分の意思とは関係なく働く神経」と言えます。(私たちが意識しなくても心臓が動いたり、汗がでたり、食べ物を消化したりします。)この「自律神経」は交感神経と副交感神経の二種類でバランスをとっています。大まかに言えば、運動をしたり活発に動いている時(昼)に働くのが交感神経で、寝ている時や食べ物を消化したり、休んでいる時(夜)に働くのが副交感神経です。イメージとしては、力が入って緊張している状態が交感神経優位で、リラックスして弛緩している状態が副交感神経優位と言えます。この2つの自律神経のバランスが乱れるとお身体に不調をきたします。例えば寒い時、皆さんはお身体に力が入ると思います。この時は交感神経が働いて血
管を少し締める事で温かい血液を体内にとどめて体温を維持しようとしているのです。一時的には正常な反応ですし良いのですが、自律神経が乱れてずっとこのような状態が続いたらどうでしょうか?
血流は滞り、筋肉も硬くなってしまいます。人間の身体にとって血流は全ての栄養になりますし、(血液の循環は自律神経が支配しています。)生命を維持するためには絶対に必要なものになります。
また自律神経が乱れると、精神的にも不安定になるため怒りっぽくなったり、やる気が出なかったり生活にも影響して来ます。
お身体にとって非常に重要な役割を果たす自律神経ですが、何故乱れが生じるのでしょうか?
現在、大きな原因としては過剰なストレスが挙げられるでしょう。もちろん気候の変動など外因的な事もありますが、現在の一般的な会社員の方のデスクワークの殆どがPC作業で運動不足になったり、眠る前にスマートフォンを見すぎて良く眠れなかったり、ファーストフードなどでしっかり栄養が摂れなかったり、と自律神経の乱れは、いわゆる「頑張り過ぎ」の状態で起こりやすいです。頑張り過ぎの状態とは、交感神経が優位に立ちすぎてしまって、副交感神経(消化したり休んだり、ゆっくりする神経)が上手く働きません。こうなると血液がどろどろになったり、上手く食べ物が消化できなかったり、休息がとれなかったりするので体調を崩してしまいます。
つまり、自律神経を整えるには、しっかり副交感神経にも働いてもらう必要があります。
副交感神経優位にするためにはお風呂などでお身体を温めたり、しっかり食べ物を咀嚼して消化を良くしたり、眠る前の1時間はスマートフォンを裏返して見ないようにしたり、と色々な方法がありますが、簡単な方法として、鼻からゆっくり息を吸って口から長く息を吐く呼吸法を朝してみるのをお薦めします。朝食を食べた後でも、通勤途中でも出来ますし、これだけでも副交感神経の働きは良くなります。朝、1時間早く起きてゆっくりと朝の準備をするのも良いですね。また、自律神経は精神的なものからも影響を受けやすいです。人間は比べるものがないと、今起こっている事が物凄く深刻な事のような気がして、過剰にストレスを受けてしまうことがよくあります。地震や戦争などのもっと深刻なストレスと比べてみるのも良い
かもしれません。また今ここで生きていられてご飯が食べれて…という当たり前の事に感謝出来れば日々のストレスも小さなものに感じると思います。
自律神経を整えて、健康で充実した日々を過ごしましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP