「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん、こんにちは。最近はすっかり春らしくなり、過ごしやすい季節になりました。この時期は「春眠暁を覚えず」というように、なかなか朝布団から出られない方も多いのではないでしょうか?
(寝苦しいことも少ないので、この時期の睡眠は気持ちいいですよね。)
人間は人生のうちの3分の1は眠っているといわれています。(90年生きたとしたら、30年は寝ているという事ですね。)
睡眠には人間にとって物凄い重要な意味があります。休養してお身体を回復させる事、成長期の方が成長する事、自律神経を安定させ、精神的にも安定をもたらす事など、様々です。
ですから、「眠る環境」はとても大切になります。
皆さんは寝具にはこだわっておられますか?
例えば枕はどうでしょうか?枕の歴史は大変古く、一説によればアウストラロピテクスなどの原始人の時代から頭の下に敷いたと思われる石が見つかったそうです。(太古の昔から枕は必要だったということです。)
それでは、何故人間の睡眠には枕が必要なのでしょうか?
人間の首の骨(頚椎)はお身体のバランスをとるために少し前に湾曲しています。ですから仰向けで寝るとき(仰向けで寝るのがお身体には一番負担が少ないといわれています。)この前に湾曲している部分にあてがう物がないと首の骨が後ろに反らされて首に負担がかかるのです。
そのあてがう物が「枕」です。勿論その材質も重要です。(原始時代のように石という訳にはいきませんよね。)これには柔らかすぎず、硬すぎずというのが重要です。また、首の形は人それぞれなので、その方の首の湾曲にあった形が必要で、高さも高すぎず、低すぎずというのが理想的です。
何故首の湾曲に合ったものを使う必要があるのかというと、首には脳へと繋がる重要な血管が通っていますし、ここに無理がかかると、寝ている間、脳への血流が滞ってしまいます。脳への血流が滞ると脳は酸欠になりダメージを受けやすくなってしまうのです。
また、枕の高さが(後頭部の位置)高すぎたり低すぎたりすると、顎が上り過ぎたり下り過ぎたりします。首には呼吸をするための気道と言われる空気の通り道があるためにここの部分が締まってしまい、呼吸が十分に取れません。
人生の3分の1の睡眠時間を快適に過ごすためには自分にとって適切な枕を使う必要があると言えますよね。
吉祥寺サンロード整骨院では、睡眠と枕について注目しています。当院には独自で開発した医療用枕があります。この枕は、利用者様ひとりひとりの首に合わせて私達施術者が1グラム単位で合わせていきます。また1週間お試し頂けますので、返却も可能です。
快適な睡眠には、最適な枕が必要です。皆さんも是非お試しくださいね。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP