「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

そろそろ花粉でアレルギー反応を起こしてしまう方には辛い時期が始まりましたね。本来であれば季節的にもとても気持ちのいい季節のはずなのにくしゃみや鼻水、鼻づまりなどで早く終わって欲しいと思うのはもったいないですよね。 花粉症とはなんで起こるのか。 基本的には人間は体内に異物と判断されたものは体外に排出しようとする反応が起こります。花粉が目や口、鼻から体内に入り、身体が「異物だ」と判断すると抗体と呼ばれる花粉に反応するように準備してしまいます(もちろん花粉症の人とそうでない人はここでかわります)。抗体が作られてしまった後は、異物と認識された花粉が体内に入ると抗体が反応をしてくしゃみや鼻水などで体外に出そうとする反応をするという仕組みです。 私自身は昔、花粉症ではなく春などの季節も気持ちよく走り回っていたものですがここ数年で抗体が作られてしまったみたいで、すごく鼻水が出てきてしまいます‥‥ そしてそれ以外にでる状態の悩みとしては頭が痛くなり、身体が怠くなるんです。しかしこの状態は多くの花粉症の方々からすればよくある状態なのかもしれませんが、疲れも取れませんしこの時期は大変つらいですよね。では何故鼻水やくしゃみなどの排出するための反応ではなくダルさや頭の痛さなのです。これは酸素量が関係しています。花粉などの影響で鼻が詰まることにより普段より呼吸をしていても苦しいですよね。摂取している酸素が少ないために身体中に送られる酸素も減ってしまいます。人間は寝ている時は自然に呼吸は活動時より減ります(酸素は人間が生命活動をする上で重要で眠っている間は必要な酸素の量が少ないからです。)。この眠っている時と同じくらいの酸素摂取量に鼻づまりなどの時はなっているそうです。これにより酸素が充分に足りなくなり、色々な状態を引き起こしやすくします。 そして花粉症の時は免疫力が下がっています。花粉症の状態がひどい時は風邪などもひきやすくなります。その免疫力は血流と関係がとても深いのをご存知ですか?

免疫の主役となる白血球は温度がとても大事です。低くなってしまえば活動も低下してしまいますし、体温が上がれば白血球はしっかり働くことができます。なので全身の血流を良くして体温を高くすることで免疫力を上げるとお身体はより状態が良くなります。 当院では背骨のゆがみ整体を行なっておりますので、血流を上げてよりお身体のケアをしてみませんか?鼻水が急に止まるとかはありませんが、普段使っているお身体を軽くしてみて気持ちいい春を過ごしましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP