「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

最近はおしゃれな靴も多く、靴も安くお洒落には欠かせないアイテムですよね。しかしいろんな靴を履きたくても親指の付け根の痛みでなかなか自分の思った靴が履けない方も沢山いらっしゃいますよね。私自身も足が大きめなのでなかなか合うサイズの靴がなく、無理矢理履いていたら親指の付け根が痛くなってしまった1人です‥‥

今回はそんな親指の付け根の痛みのお話をしていきます。足の裏は体にかかる体重を地面に伝える最後の場所でもあり、地面からの力を最初に受ける場所でもあります。人間は二足歩行ができる動物で足の裏の機能も発達していますが、歩きやすくなるために沢山の箇所が働いているんですよ。

例えば土踏まずは弓のようにカーブを持たせることにより、そのたわむ力で上手く力を分散してくれています。足の指の間の筋肉や靭帯も少し縦や横にアーチを形成していて足の裏全体で体重を吸収しないようにしてくれたりしているんです。これらの機能が働いてくれているお陰で人間は地面からの力も受け止めつつ、背骨の軸からまっすぐ立っていることができているのです。

しかし、もしその機能のどこかに上手くできていないところがあったらどうなるのか。

人間は歩いている時に足の指もしっかり動いて歩いていますが、意識的にしている人はほとんどいないのではないでしょうか?靴を履いているとそこまで意識をするのは難しいですし、硬い革靴や女性のヒールなどではなかなか足の指を動かしているのは意識できないですよね。確かに硬い靴や足先の動きが制限される靴ではなかなか動かせていないです。ですが、人間の歩行はそれらの動きが合わさることによって安定して歩けているんです。なので足の指を動かさないで放置しておくと、上手く体重が分散されず負担が様々な所にかかってきます。

多いのが足の指の骨の付け根に近い関節(リスフラン関節)の靭帯が緩んできてしまい横方向のアーチが保たれなくなったりします。そうすると足の親指の付け根に力がかかり痛みが出やすくなります。そうなると靴を履く度や歩く度に指の付け根に強い痛みが出て来やすいのです。

身体にかかる影響はそれだけではなく、足の指に体重を掛けまいと重心を変えようとすると身体の軸も変えてしまい腰や背中の痛みにもなってしまいやすいです。身体は色々な機能が上手く合わさっていますが、現代ではたくさんの機械的ストレスがあるので偏った負担から全身の変化になりやすいということになります。お身体にかかる負担を日々ケアすることで生活はかなりしやすくなります。

当吉祥寺サンロード整骨院では専門的な知識を持ったスタッフがきちんと説明し施術にあたりますので、少しでも不安があればご相談下さいね

 

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP