「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

先日テレビで人工関節の事を特集でやっていましたが、最近は本当に色々な技術が出ていますよね。当院に来られる利用者の方でも以前に手術をした方や考えている方なども多く来られます。

皆さんが気になるのは「やった方が良くなるのか」「やらないといけないのか」などの疑問だと思います。

実際骨を元どおりにする事は出来ません。もちろん人工関節や関節内の手術で関節を人工物などで置き換えたり、関節の中の負担を同じ所にかけ続けないような手術もあります。近年技術的な進歩もあり手術を行う方は多いようです。以前は人工関節自体の耐久性などの問題で踏み切れない方も多かったですが、15年~20年となってきて選択する方が増えたようです。手術もやはり最終的な決断としてする為なかなかすぐ決断は難しい所はありますよね。

日本ではそのような背景を重視してしまい件数自体が海外より少ないですが、海外では日常生活での充実度をより重視して早めに決断することが多いそうです。

今回お話ししていくのは早く決断しましょうと言うことではなくて、そもそもの身体の使い方を変えていくことで日常生活の充実度をあげながら身体も長く使えるようにする必要性を考えてみて欲しいという事です。

膝の関節などが悪くなる方は身体の左右の使い方、バランスが前後左右それぞれずれて使い続けてしまう傾向が強いです。重力の下で二足歩行で生活をしている私たちの身体は重力にうまく耐えられるように骨にかかる力が上手く均一に乗るような構造になっています。ですが、生活様式の変化などにより身体のバランスが取れなくなってしまうと負担が脚へとかかってしまい関節の痛みなどへと繋がるのです。

なので膝がもう痛い方も、痛くない方も身体全体の使い方を変える事で痛みの状態やリスクを下げることができます。意外に当院の利用者さまでも腰の痛みで来られていて、膝を支える筋肉がすでに過度な緊張が存在する人は多いです。

早め早めに身体を元々ある位置へと戻す事で5年後10年後のお身体を守ることへとつながりますのでセルフケアのつもりでご相談にいらしてみてはいかがでしょうか?

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP