「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さんこんにちは
季節の変わり目で風邪などで体調を崩されている方も多いのですので身体のメンテナンスを行い免疫力を高める体調管理をして行きましょうね

先日、友人達と久しぶりに集まる機会がありまして、1人の友達からこんな話をされました。「最近両方のかかとが痛いんだよね…。」詳しく話を聞くと、ぶつけたり激しい運動をしたわけでも無いみたいです。

彼はイタリアンレストランでホールの仕事をしています。勤務時間は10:00〜24:00近くまで毎日仕事をしているとの事でした。

仕事で立ちっぱなしでしかも硬い革靴を履いて一日中動き回っていますので足にかかる負担は相当なものだろうなと考えながら、彼の足の状態をみていきました。すると、足の筋肉の状態はかなり悪くなっており特に足裏の筋肉の緊張はかなり強くなっておりました。

足の裏には「足底腱膜」というのがありまして、かかとから足の指の付け根に全体に広がってつながってます。元々足の裏にはアーチがあり足底腱膜はそれを支えたり、歩くときにクッションなどの役割もしてくれます。そのため、長時間立って歩き回ったり、急激に体重が増えて荷重の負担が増したりするとここの腱膜に炎症が起きてかかとのあたりで痛みを出す事があります。この場合は、患部への負担を減らすか、靴などを変える必要があります。この痛みで長く悩んでおられる方は非常に多いと思います。外回りの営業マンの方や、スーパーの裏方さんでゴム長靴を履いて硬いコンクリートの上での長時間の立ち仕事をしている方など…。

つま先に荷重がかかると足底腱膜は緊張して、かかとへのストレスが増します。この痛みで悩まれている方のほとんどが重心バランスが崩れて元々前重心になっておられます。

そういった場合は、全身の歪みを整えて正しい重心バランスに戻す必要があります。

テーピングやインソールだけ変えてもなかなか良くならないのが現状です。

当院では、独自のトリガーポイント療法やB&M背骨歪み整体を行い全身の姿勢バランスを整えて根本的な施術を行っております。

足の裏の痛みで悩まれている方は是非一度ご相談ください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP