「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

「歩いていて以前より転びやすくなった‥」「何にもないところでつまづくようになった」などとお悩みの方はいらっしゃいませんか?そんなお悩みの方のお話を聞いていると「高齢だからと言われて諦めて」といわれている方もおられます。

ですがそのお悩みは足首の硬さなどからくることがあります。その足首の硬さは身体のさまざまな不調をきたすことがありますので今回はそのお話をしていきますね。

足首は歩いている時に必ず使う関節ですが、その関節を動かす時に使う筋肉をきちんとメンテナンスをしていないと正しい動きができなくなります。足首を動かす筋肉はふくらはぎの筋肉の筋肉や脛の筋肉です。そしてそのふくらはぎの筋肉は普段デスクワークなどで使っていないと筋肉の中の血液の流れが悪くなり柔軟性がなくなってしまうと固くなり動きが悪くなります。

人間の足首の骨の構造として外側の骨の方が長いです。なのでどうしても足首周りに外側へ逃げるような力がかかりやすいので、足首まわりが硬くなってしまうと膝や股関節にも通常かかる力とは違う力がのってしまいます。ここからはどんどん悪循環へとなります。

その悪循環とは足首が本来持つべき動きよりも固くなってしまうと膝にかかる力が変化してそのまま股関節へもストレスがかかるところまでお話ししましたが、股関節はどこにつながっているかというと骨盤になりますので骨盤の傾きを引き起こしやすくします。すると骨盤に繋がるのは腰~首までの背骨になります。もうお分かりだと思いますが、これで身体の軸が崩れてしまいます。

背骨は人間の身体の中心にありますので多くの筋肉が背骨から出ています(繋がっています)。なので背骨がバランスを崩し始めると足首の動きの悪さから少しずつ軸が取れなくなり、最終的には首や肩周りの痛みへとなってしまうこともあります。もちろん今お話をしているのは足首からのつながりですが逆も起こります。

今回のお話は足首ですので影響的に痛みが出やすいのは腰まわりの痛みをお持ちの方は足首まわりも動きやすくすると楽になりやすいので、当院では腰の痛みだけで来られている方もきちんとお身体全体をみて必要であれば足なども施術をしていきます。

最初のお話に戻りますが、最近足が上がりにくくなっている方はこの繋がりからもわかるように年齢とは関係なく、意外に腰まわりの筋肉や背骨を整えることで足が上がりやすくなると言われる方もおられます。きちんと背骨や筋肉を整えることによって今までの生活で感じていた動きにくさなどに変化することは沢山あります。

一度ご相談に来られてみてください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP