「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

なんだか身体が1日重い・・・特に寝不足や体調が悪いわけでもないのになんだか疲れている・・・そんな時はありませんか?もしかしたら背骨や骨盤の歪みからきているものかも知れません。

では体がゆがんでいると、どのような悪影響が出てくるのでしょうか。まず、体がゆがむと姿勢に変化が現れます。姿勢が悪くなるということは、背骨や骨盤などの位置や、筋肉のバランスが崩れているということです。

背骨や骨盤の位置がずれることで、内臓が圧迫されたり、血流が悪くなったりして、内臓機能の低下につながります。消化不良、生理不順、代謝の低下など、さまざまな症状が現れてきます。さらに、筋肉のバランスが崩れて、不自然な力の入り方をするようになると、肩の痛みや頭の痛み、腰の痛みなどを引き起こすこともあります。

体のゆがみによって血流が悪くなることで、全身の細胞に酸素を送り届ける力が低下してしまうために、頭の痛みや眠気、だるさを引き起こすことがあります。「何となく体調が悪い」「だるいし重い感じがある」という人は、できるだけ早くゆがみの原因を見つけ、良くしていくように心がけましょう。

疲労とは自分でも気付かない内に蓄積されているものです。一時的にでも身体に何か不調を感じたり、精神的なパフォーマンスが落ちてきたら疲れているといえるでしょう。痛みや熱と同じで、人間が体を健康に保つために必要な危険信号です。
・朝起きるのがつらい
・全身がだるく何をするのもおっくう
・気力がない、やる気が出ない
・集中力がなくなった
・考えがまとまらない
・いつも、たまらなく眠い
・腰の痛みや肩がだるい
この様なことでお悩みの方は一度当院へお越しください。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP