「吉祥寺サンロード整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

さて、6月に入り梅雨も間近ですね。衣替えの時期もきたので街中をみると半袖の方が大半を占めて、あっ夏になるんだなーと実感しますね。新年度も3ヶ月目に突入して、環境が変わった方も慣れてきたのではないでしょうか?ですがこの季節は身体のだるさや痛みを出しやすい季節なので、要注意の時期でもありケアを始めるにはうってつけの時期ともいえます。

まずなぜこの時期に痛みなどが出やすいかというと一つは湿度です。梅雨時期は気温も夏に向けて上がり始めるだけでなく、湿度も上がります。人間の体は大事な器官(心臓や脳などの臓器)の温度は高すぎたり低すぎたりすると機能が悪くなってしまうので適切な体温を保とうとします。そして通常体温は平熱で維持されてるのはさまざまな機能が働きながら体温を調節しています。みなさんがわかりやすいのは汗ですよね。汗を出し、それが気化することによって体温を下げようとする現象です。しかしながら梅雨の時期は気化しようとしても湿度が邪魔をして気化が出来ず体温が下がりにくくなりますが、身体は下げようとどんどん汗として水分を出してしまいます。このため脱水にもなりやすく、血液の流れも悪くなります。血液の流れが悪くなると筋肉の中の血液の循環も悪くなるので疲労も感じやすくなりますし、痛みも出やすくなります。このように筋肉の状態も悪くなる梅雨時期は身体の柔軟性を積極的に上げて行ったほうがいいのです。

合わせて最初にお話であったように、新しい環境に入って3ヶ月目あたりになると無理して頑張りすぎてしまう人も多くいるので身体がついていきづらくなってしまうことがあるのできちんとリフレッシュも必要ということですね。身体が万全の状態でないと心も辛くなってきてしまいやすいですので、仕事も学校も気持ちよく楽しんでこの時期を乗り切るためにケアを取り入れてみたらいかがでしょうか?
実際当院にもこの時期は多くの方が痛みや辛さで来院され、普段の生活がしやすくなったと喜ばれています。筋肉などの深い部分の血液の流れを良くして身体を軽くして頑張っていきましょう。

吉祥寺で整体なら「吉祥寺サンロード整骨院」 PAGETOP